防災家、野村功次郎を知っていますか?
「世界一受けたい授業」にも出演している、防災の専門家です。

その固い感じのする職業とは裏腹に、結構面白い人のようです。
その面白い人間性とひょうきんなキャラクターで、彼の講演は常に笑いに包まれたもののようです。

今回はそんな野村功次郎に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク







野村功次郎のプロフィール

生年月日 1970年4月18日
出身地 広島県呉市
現職 防災家
役職 世界一受けたい授業・防災スペシャリスト講師
職歴 元消防士(平成3年〜平成25年)

 

 

取得資格

普通自動車第二種免許
大型自動車運転免許
一級船舶操縦士免許
自動二輪中型免許
防火管理者資格
日赤水上救助員資格
応急手当指導員資格

 

野村功次郎の超意外な職歴

野村功次郎はこのお堅そうな、防災家という職業とは裏腹に、超意外な職歴があるんです。
それはなんと、元タレントだったのです!高校生の頃の2年間ですが、某大手プロダクションに所属していたのです。

俳優、モデル、MC、モノマネナレーターなどなんでもこなすマルチタレントでした。
しかし野村功次郎が18歳の時、家庭の事情で芸能界を引退することになりました。
そして、一家は広島に移り住むことになったのです。

消防士を経験して防災の講演家に

その後、平成3年に島県呉市消防局の消防官となりました。
現役時代には数々の現場を経験し、警防、救助、救急の隊長の職も経験しました。

平成25年に消防士を引退しました。(実働23年間)

それから防災家としての活動を開始していくことになったのです。

しかしそのエンターテインメント性は、防災家となった今の職業に大いに活かされています。
講演では幼稚園から企業までを幅広く回っています。
モノマネを取り入れた軽快なトークで彼の講演には笑いが絶えません。

災害現場で起きた本当のエピソードの中で、参加者が涙する場面も。
テーマや依頼内容を超えた、その幅広い内容の防災講演、消防団への訓練指導、
救急講習など、精力的な活動を展開しています。

彼の強みは消防士として、現場経験や被災地での救助活動等などを実際にしてきたことです。
その本物の経験に裏打ちされた半紙の内容は、聴衆の心を大いにひきつけます。

スポンサーリンク




講演について

主な公演テーマはこちら

引用元 Speakers.jp  https://www.speakers.jp/speaker/nomura-koujiro/

日常にある危険察知方法や事故回避能力を養う方法なども教えてくれます。

日本では地震が多いために、今日では民間企業における防災意識が非常に高まっています。
そこで行政から出た四角四面なマニュアルに沿うのではなく、
実際の体験に基づいた実践的な防災と心構えをレクチャーします。

その方法は圧巻で、毛布1枚だけでの救出や搬送方法なども学ぶことができます。

セミナーで自分の知識を披露するだけではありません。
彼のスピーチの根底にあるものは、命の大切さと生きる尊さを伝えたいという気持ちです。

だから、彼の講演は多くの人の胸を打つのです。

タレント時代のコネクション活かし、著名人やタレントさんとコラボ講演活動も行っています。

岡崎朋美さんとコラボ

実際の講演はこちら

まとめ

日本は災害が多い国です。
特に地震などが多く発生して、数年に一度は大きな地震が襲います。
その度に多くの命が失われています。

しかし、防災についてきちんと知ることで一人でも多くの人の命が助かることを望んでいます。

そのためには、野村功次郎の講演を聞いて、実践力を身に着けることが大切です。
そしてもしもの時にそのスキルをきちんと活かせることを望んでいます。

スポンサーリンク







おすすめの記事