市原千尋という人を知っていますか?

この人は池に取りつかれた、すっごい人なんです。
でも、その取りつかれ方が半端ないんです。

それで、すごいところまで池について極めてしまって、
『マツコの知らない世界』にまで出演してしまうくらいのすごい人なんです。

もうここまでくると、極め方が半端じゃないですよね!

 

スポンサーリンク







市原千尋のプロフィール

市原千尋
いちはら ちひろ

1970年生まれ
香川県高松市出身

千葉県立葛飾高校卒業
東京大学卒業

株式会社ライフスパイス社長

趣味 自転車ロードレース
ニックネーム cippillo

神奈川県小田原市在住

 

すっごい経歴ですね!
東大卒の社長なんです!

これには度肝を抜かれました。

やっぱりそういわれてこの写真を見ると、とても頭がよさそうに見えますね。

そして自転車もやるのですから、かなりのスポーツマンですね。
天は二物を与えないと言いますが、この人には二物も三物も与えていますね。

頭もよくて、スポーツもできる。
そして仕事でも成功している。

そして趣味の池巡りもかなり高いレベルで極めて、素晴らしい成果を出している。

これは素晴らしいですね!
もういうことありませんね!

市原千尋は池をデータ化した

市原千尋は14歳の頃から徐々に池というものに惹かれ始めました。
そして、池の世界にどんどんのめり込んでいったのでした。

それから徐々に日本各地の池を回って、
それらの池を事細かくデータ化していったのです。

そのデータ化されたものは、さながら百科事典のような感じです。

全国津々浦々、色々な所へ飛んで、その土地の池を写真に収めて、
特徴なども色々と詳細に書き込まれています。

そしてその数なんと、7000池にも及ぶんです。

こちらが彼のサイト『水辺遍路』になります。

とにかく池というものをこれだけしっかりと分析してとらえたものは、
後にも先にもないのではないでしょうか?

とにかく圧巻です!

さすがここまで極めれば、『マツコの知らない世界』に呼ばれても不思議ではありません。

 

スポンサーリンク




市原千尋の職業は

全国を飛び回って池の情報を集めたりしている彼ですが、
日頃は一体どんな仕事をしているのでしょうか?

これだけやるには、それなりの時間の自由が聞く仕事じゃないと無理です。

株式会社ライフスパイスという会社を自分で経営して、
代表取締役を務めています。

これはいったいどんな会社なのみていきましょう。

・CMSサイト、ウェブショップ開発・運営
・ウェブコンテンツ企画/制作/運営各業務
・スマホ用アプリ開発
・教育システム・コンテンツ構築
・レンタルサーバー、レンタルeコマースシステム取扱

さすが知的な感じのする最先端のIT業界って感じですね!

実はこの会社弟さんと一緒に経営しているのです。
さすかが、兄弟そろって頭が良い知的な人たちなんですね。

この会社が結構儲かっているらしく、
それで色々と個人的に池を探索する費用を捻出しているみたいです。

仕事でも成功して、それで得たお金を
自分の好きなことに費やしているので、これは素晴らしいですね!

市原千尋の年収は?

2000年7月に個人事業としてラフスパイスを立ち上げています。
そして2002年4月15日に資本金を1,000万円に増やしています。

その後、2014年には神奈川県の小田原から、
東京にオフィスを開設しています。
そして2016年には東京北区に本社を移転しています。

また現在の主な取引先は、株式会社レビックグローバル、株式会社ケンテックス・ジャパン
などの大手企業になっています。

こういったことから考えても、彼の年収は数千万円はくだらないのではないでしょうか?
いや、本当は億単位の収入があるかもしれません。

とにかく儲かっているのは確かです。
ですから、かなりの高給取りであることは事実です。

市原千尋の結婚や家族は?

市原千尋は結婚しています。
彼のFACEBOOKにMARRIEDとなっているので、これは事実です。

そして娘がいるようです。
彼女が中学生であった2011年当時、
『娘の初デート』というタイトルでブログを書いていました。

ですから、この娘さんも2019年には二十歳以上の年齢になっています。
この娘さんもとても頭のよさそうな顔をしています。

さすが、父親からの血を受け継いでいるだけありますね!

まとめ

 

今回は池に対して少年のころから興味を持って、
それにのめり込んだ人について迫ってみました。

彼の池に対する情熱を形にするために、
本業のほうでとても成功されて、それでお金をつぎ込んでいるのではないでしょうか?

だから、相当稼がないとこれはできないことなので、
彼は相当な高給取りなはずです!

ということで、今回は市原千尋に迫ってみました。

スポンサーリンク







おすすめの記事