近田豊年って知ってますか?

 

近田豊年は昔、南海(現・ソフトバンクホークス)の
ピッチャーだった人です!

 

でも、彼の場合はとにかく話題のピッチャーでした。

なにが話題かというと、
右と左の両方で投げられるという、
前代未聞のピッチャーだったのです。

両打ちのスイッチヒッターというのは良くありますが、
両投げというのは、
これまでに日本のプロ野球界でも
一人しかいない変わり種です。
そんな訳で、今回は近田豊年に迫ってみましょう!

 

 

スポンサーリンク







 

近田豊年プロフィール

近田豊年
ちかだ とよとし

1965年12月11日生まれ
高知県宿毛市沖の島出身
明徳高等学校卒業

日本プロ野球初のスイッチピッチャー
中学時代は空手の全国大会出場を果たす

投球・打席 両投左打
176 cm
77 kg

1987年 ドラフト外

野球歴
明徳高等学校野球部
本田技研鈴鹿野球部
南海ホークス
福岡ダイエーホークス (1988 - 1990)
阪神タイガース (1991)

 

この写真を見てもすごいですね!

両方で投げられるというピッチャーは
いまだに日本プロ野球史上では、彼一人です。

 

こういう珍しい人が
これからもプロ野球に出てきてほしいですね。

 

最近は大谷翔平の二刀流が話題ですが、
近田もある意味、違った形の二刀流なのかもしれません。

いや、右左という意味では、
あの宮本武蔵の二刀流にさらに近いものだと思います。

だから、近田のほうがもっと二刀流だと思います。

近田豊年と両投げに関して

近田豊年はもともとが左利きです。
もともとは、左投げ左打ちでした。

 

しかし、近田が右投げもできるようになった
きっかけはとてもユニークなものでした。

それは、子供のころに野球をして遊んでいたときに、
左用のグローブがなかったのです。
そのために、右投げをしなくてはいけなかったのです。

このようにして、小学校、中学校と、
右投げを練習していきました。

そして高校は、明徳高校に入学しました。
そこでは左投げだけに専念していました。

 

1983年の第55回センバツで甲子園に出場しました。
ここでは初戦の対青森北高戦で、
1イニングだけピッチャーとして登板しました。

高校卒業した後は、本田技研鈴鹿で
野球部に入部しました。

そして1987年に南海ホークス(現・ソフトバンクホークス)に
ドラフト外で入団しました。

入団テストを左右両投げで受けて、
見事合格となったのでした。

 

そして日本初のスイッチピッチャーとして、
テレビにも取り上げられるなど、
大きな話題になりました。

そして、新人としては異例ですが、
『プロ野球ニュース』でも取り上げられ、
一躍時の人となりました、

 

近田の左投

オーバースロー

近田の右投げ

アンダースロー

 

ただ、近田の場合、右の球速はMAX125キロで、
それほど早いとはいえませんでした。

そして右投げはアマ時代に
打撃投手をするときに投げていただけでした。

でも、左投の時ははオーバースローでしたが、
右投げではアンダースローだったのは、
ちょっと面白いところでしたね。

右の場合には急速がMAX125キロというのも、
アンダースローなら仕方ないと思えますね。

 

プロに入ってからは、
やはり左投のほうが重宝されました。

そして当時の監督であった、杉浦の方針のもと、
「まず左を一人前にしてから」ということで、
投球練習のほとんどが左で行われていました。

得意な球は外角のスローカーブでした。(左投時)

近田のグローブは、
6本指グラブが作られて、
左右どちらの手にもすることができるようになりました。

そして投球する前には、
どちらで投げるのかを、
最初に申告してから投げるというルールが敷かれました。

 

プロでの登板
対ロッテオリオンズ戦(1988年4月14日:大阪スタジアム)で
一軍初登板を果たしました。

この時は、左投げだけでプレーしました。
しかし近田が一軍登板はこれだけだったので、
一軍公式戦でスイッチピッチングは結局行われませんでした。

 

スポンサーリンク




近田豊年の通算成績

プロ通算1試合登板
対ロッテオリオンズ戦(1988年4月14日:大阪スタジアム)
0勝0敗
防御率9.00

 

近田豊年の結婚や離婚や子供は?

色々とリサーチしてみると、
息子と娘がいるという情報が出てきました。

そして奥さんもいらっしゃいます。

奥さんと、近田と子供二人の写真などが
ネットには掲載されています。

https://kobecco.hpg.co.jp/29922/

彼のFACEBOOKでのプロフィールには
MARRIEDとなっているので、
現在も結婚はされているようです。

 

ただ、それが初めての結婚なのか、
その後に離婚して再婚したのかなどの情報は、
一切出ていませんでした。

近田豊年とゴルフとの関係

近田はトレードで91年に阪神に移籍しました。

しかしその年で、現役引退をしました。

引退した後は、
プログルファーに転身すべく練習を重ね
プロテストを受けますが、
不合格となりました。

 

しかし、現在ではそのゴルフの経験を活かして、
レッスンプロとして兵庫県と大阪府を中心に、
ゴルフを教えています。

 

近田の丁寧で親切でとても分かりやすいと
大きな評判を呼んでいます。

宝塚と大阪に、系列5店舗と宝塚でもスクールを展開して、
これらすべての店舗を統括しています。

野球人生で培った運動能力は、
ゴルフの世界で着実に活かされています。

 

そして自分のゴルフレッスンに関するブログ
『ラウンドレッスン・野球』を開設しています。

 

 

西中島駅前ゴルフスクール1号店

大阪市淀川区西中島4丁目6-15ミツフ第3ビル4F
電話:06・6195・3135

近田は独自メソッドはこちらのスクールなどで学べます。
彼の指導は大人気なので、
予約は絶対に必要ですよ!

その他の両投げピッチャー

これまでのところ、MLBでは19世紀に4人存在しました。

トニー・マレーン
ラリー・コーコラン
エルトン・チェンバレン
ジョージ・ウィーラー

1901年以降では2人存在しました。

グレッグ・ハリス
パット・ベンディット

ということでMLBでも過去に計6人しか記録されていない
非常にまれなケースです。

日本でもダルビッシュなどは、
両投げができますが、
登録は右投げとなっています。
また、公式戦で使えるだけの力がるかどうかは
非常に未知数なところです。

しかし、ダルビッシュには、
もし右肩が壊れたりした場合には、
ぜひ左ピッチャーに挑戦してほしいと思います。

 

まとめ

今回は、近田豊年について迫ってみました。

この両投げというのは本当に画期的なことですね。

しかもそれを1987年当時にやろうとしたのですから、
本当に大したもんです。
二刀流が認められた現在でも
いまだに両投げで成功した選手はいません。

 

そこでこれから近田に期待するのは、
野球でも指導を行っているようなので、
両投げの選手を作って、
プロ野球で成功させてほしいなと思います。

30年以上も前に、
画期的な二刀流をしていた彼ですから、
きっとそんな我々の夢をかなえてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク







おすすめの記事