アメリカで3年連続で「もっとも影響力の高いメディア」として選出された、
wsj(ウォールストリートジャーナル)です。

wsjは政治経済を中心に、世界の最新ニュースを伝えています。

でもwsjの購読料ってどんな感じなんでしょう?

wsj購読料がヤバイ!同業他社が激怒するような価格とは一体いくらなんでしょうか??

とても気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

同業他社が激怒するようなwsj購読料とは?

 

現在wsjはキャンペーンを行っています。
そのキャンペーンで最初の3か月100円という驚きの購読料です!!

これには同業他社は激怒してしまうのではないでしょうか?
そのくらいぶっちぎりの安さです!

では他の英字新聞と比較してみましょう。

 

英字新聞大手3社料金比較

3か月間料金(税込み)
Japan Times 9,000円
Asahi Weekly 2,944円
Wall Street Journal 108円

ご覧いただいたように、wsjはダントツに安いですね!

ただしこの3か月100円キャンペーンは予告なく終わることがあります。



ウォールストリートジャーナルの解約方法は?

ウォールストリートジャーナルの解約をするには、電話での手続きが必要です。

解約の電話番号 0120 779 868

営業時間 月曜から金曜 9時~5時半

こちらに電話をして解約の意向を伝えます。
そうすると解約ができて、解約しましたというメールが届きます。

電話すればきちんと解約できるので、安心してください!!

US版から日本語版への切り替えもカンタン!

ウォールストリートジャーナルの素晴らしさは、クリック一つで日本語版、英語版などが切り替わることです。

以下の画像のようにプルダウンメニューが表示されます。
そこをクリックするだけで切り替わります。

 

 

US版だけでなく、アジア版、中国版、インド版などにも切り替わります。
これは本当に凄いですね!

国際感覚を身に着けるたのには、大きなアドバンテージです!!

スポンサーリンク







WSJの評判

3か月100円というのはお得

30代男性

3か月100円というのは本当にお得です。
この素晴らしいキャンペーンを利用しない手はないですね。

こんな激安で高品質の記事が読めるなんて嬉しいです。

以前は日経新聞を紙面で読んでいたのですが、
WSJにしてからはほとんどスマホで読んでいます。
記事もSAVEできるので、手間が省けて便利です。

 

TOEIC対策に

20代女性

英語を勉強しています。
今度TOEICを受けるのでなにか良い英字新聞はないかと探していました。
そこで目にしたのがこのWSJでした。
最初は英語で読んで、分からないところは対訳をみて理解をしています。
昔は、分からないところを一つ一つネイティブに聞くしかなかったのですが、
今はこのようにして手軽によめるのがいいですね!

 

充実した政治経済の記事

30代女性

政治経済の記事が充実しています。
さすがは世界のWSJだと思いました。

国際的な記事をこれだけ読めて本当に嬉しいです!
日本の新聞ではカバーしきれないところが載っているので、
やっぱりこれを購読してよかったなと思います。

 

投資家として必須

40代男性

投資の仕事をしているので、このWSJは必読の書です。
特にバロンズの記事が良いと思います。

これだけの高品質な記事をこの値段で読めるのは凄いと思ます。

 

WSJ評判のまとめ

 

・3か月100円というのはお得
・TOEIC対策に
・充実した政治経済の記事
・投資家として必須

 

口コミでもあったように、WSJって本当に素晴らしい媒体ですね!
こういったものを読めるようになったインターネットって本当に素晴らしいですね。

文明の利器の発達に感謝です!



WSJの紹介

WSJが動画で解説されています。

まとめ

皆さんもWSJが3か月100円キャンペーンをしているうちに、是非購読してみてください。
絶対に気に入ると思いますよ。

スポンサーリンク







おすすめの記事