南沙織ってとても人気がありましたよね。

とてもきれいで、爽やかで、清純派でしたよね。
だからたくさんの男性ファンがいたんだと思います。

彼女の芸能活動は長くありませんでしたが、
大きなインパクトを残してくれました。

ということで、今回は南沙織について迫ってみましょう。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

南沙織のプロフィール

南沙織

みなみ さおり

1954年7月2日生まれ

沖縄県出身

157㎝

上智大学卒業

夫は写真家・篠山紀信

次男は篠山輝信(しのやま あきのぶ)

やっぱりかわいいですよね!
本当にかわいいです。
これなら売れるの間違いなしですね。

デビュー時は南沙織の母親の出身地である、
鹿児島県(奄美大島)生まれとしてデビューしたのですが、
本当は生まれも育ちも沖縄県だったのです。

また、フィリピン人とのハーフともされていたのですが、
両親とも日本人でしたが、実際のところ義父がフィリピン人です。

デビューする前に沖縄ののど自慢番組でアシスタントのアルバイトをしていました。

ある時、ヒデとロザンナが琉球放送のテレビ番組に出演したことがあるのです。
そのマネージャーが何枚か写真を撮っていたのです。
そこにたまたま南沙織が映っていたのでっした。

そしてその写真がたまたまソニー関係者の目に留まって、
すぐさま南沙織を東京に呼び寄せたのでした。

そして3か月足らずでのデビューとなったのですが、
このプロセスはとてもスムーズに行ったようです。

そして1971年6月1日に「17才」でデビューして、
54万枚を誇る大ヒットとなったのです。

そして南沙織は「日本におけるアイドルの第1号」とか「元祖アイドル」と評されることもあります。
1971年の日本レコード大賞では見事に新人賞を獲得して、
大晦日のNHK『第22回NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、
1971年は彼女にとって素晴らしい年になりました。

ブロマイドの売り上げも、1971年と1972年で1位を獲得しています。

また、同時期にデビューした小柳ルミ子、天地真理、南沙織の3人は、
『新三人娘』と言われることもあります。

1978年には「春の予感 -I've been mellow-」でまたヒットを生み出したのです。
しかしとても残念なことに、この年に入学した上智大学での勉強に専念するために、
10月のコンサートをもって歌手を引退してしまったのです。

 

スポンサーリンク




南沙織の現在は?

デビューしてすぐに大きな人気を獲得した南沙織ですが、人気絶頂にあっさりと引退しました。

引退後は、幸せな家庭を築かれたようです。

それからは、期間限定で芸能活動をしています。
1991年には紅白に出場して、『色づく街』を歌いました。

この時、『17才』と『色づく街』の2曲を歌うことをNHKからオファーされたのですが、
『色づく街』のみを選択しました。

2008年には週刊誌『アサヒ芸能』で特集された
"70年代アイドルを「感涙の総直撃」" に特別メッセージを書いたりといった活動をしています。

基本的には主婦業の合間に芸能活動をされているとのことです。

夫は写真家の篠山紀信

1978年に歌手活動を引退した南沙織ですが、
篠山紀信と交際をスタートさせて、1979年に結婚しました。

その後、3人の子供をもうけています。
全て男の子となっています。

南沙織の子供たちは?

南沙織の子供についてですが、3人の息子のうち、
篠山輝信(しのやま あきのぶ)が俳優やタレントとして活動しています。

篠山輝信(しのやま あきのぶ)は、2006年に大学卒業をしたのをきっかけに、
舞台「ANGEL GATE -春の予感-」で俳優デビューを飾りました。

その後、数々のテレビドラマやバラエティ番組に出演しています。
2010年からはNHKの朝の番組「あさイチ」でリポーターをしたり、
活動の場をさらに広げていますので、今後のさらなる飛躍が期待されます。

まとめ

南沙織は素晴らしい歌手でしたね。
歌も非常にうまかったです。

そして著名人のファンが多いのも特徴です。
吉田拓郎も何度もそれを公言しています。

だから本当に素晴らしい歌手なんです。
だからまた戻ってきて欲しいと思っています。

スポンサーリンク







おすすめの記事