高城久と言う人を知っていますか?
でも、一般にはあまり知られていませんよね。
相当なうなぎマニアらしいのです。

うなぎの名店などに関して、全国津々浦々の情報を、
とても多く知っているみたいです。

今回は、そんな高城久に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

高城久のプロフィール

1962年2月7日生まれ
千葉県佐倉市出身
帝京医学技術専門学校柔道整復科卒業
柔道整復師として柏長生館高城整復院を千葉に開設(1989年)
「うなぎ大好きドットコム」開設(2004年)
第18期道場師範に認定される(2017年)

出典元 食べログ https://magazine.tabelog.com/articles/45124

うなぎの専門家かと思ったら、マルチな才能の持ち主なんですね。
柔道整復師として、肩こり、腰痛、神経痛などの治療も行っています。

特に、相撲、Jリーガーや競輪選手などのプロアスリートからの信頼も厚いです。

そして、馬淵将樹副総師範を師事して己書もやっています。

さらに、うなぎの専門家でもあります。
うなぎ好きが発展して、2004年にうなぎ屋さん応援サイトを立ち上げました。
その名も「うなぎ大好きドットコム」と言います。

夏のうなぎが美味しい時期には、テレビやラジオの出演が増えます。
また、雑誌等への原稿も執筆しています。

うなぎ好きが発展してここまで専門的になるのですから、すごいものですね!

高城光寿のプロフィール

色々とリサーチしてみたのですが、
高城光寿の詳しいプロフィールは見つかりませんでした。

ただ、高城久の息子であるというのは事実です。

父の高城久と一緒に、日本全国のうなぎ店を回り、
美味しいうなぎについてよく知っているうなぎの専門家です。

高城久おすすめのうなぎ店はどこ?

ズバリ、東京・葛飾にある『うなぎ魚政』がおすすめです!!

うなぎ魚政

電話 03-3695-5222
ホームページ http://unagi-uomasa.jp/
最寄駅 京成押上線 / 四ツ木駅 徒歩1分(69m)
定休日 毎月第1水曜日 毎月第3水曜日 毎週火曜日
営業時間 ランチ:11:30〜14:00 LO13:00、 ディナー:17:00〜21:00 LO20:00

出典元 食べログ https://tabelog.com/imgview/original?id=r4101374940551

 

『うなぎ魚政』のおすすめ理由は養殖ブランドうなぎ

このところ、養殖うなぎが飛躍的な進歩を遂げています。
それはもはや『養殖ブランドうなぎ』とまで言われるくらいです。
そして、ツウの間で大きな人気になっているのです。

高城も、食べるなら天然より、養殖ブランドうなぎのほうが良いといっています。
天然より、養殖ブランドうなぎのほうが良いというのは驚きですね!

養殖ブランドうなぎの育て方は、伏流水などを豊富に使います。
そして、1年以上かけてじっくり育てられるのです。

このように、飼育期間が長いので、養殖ブランドうなぎは肉厚です。
脂は乗っているのですが、決して脂っこくないのが味の特徴です。

味は天然ものに限りなく近いです。
でも、天然ものの場合には当たり外れが多いので、食べてみないと分からないのです。

その点において、養殖ブランドうなぎは味に一貫性があるのです。

 

マツコの知らない世界に出演

ついに高城久と高城光寿の出演が決定しました。
2018年11月27日(火)に、番組でうなぎの魅力について語ります。

うなぎを2000食食べ歩いた高城久が、
息子の光寿を連れて番組に出演します。

うなぎのイメージと言えば夏ですが、
実は冬の方が脂がのって美味しいうなぎが食べられるといった話を披露してくれます。

この親子がおすすめするうなぎにマツコも大満足のようです!

 

スポンサーリンク




書家としての高城久

高城久は、名古屋のうなぎ専門店「うな豊」で己書に出会います。

みた、うなぎ昇りの己書に魅せられて己書を始め、
2017年に第18期道場師範に認定されます。

本当にマルチな才能の持ち主ですね!

筆で書画を描く時には集中力が必要です。
実は、その集中にはストレス解消効果があります。

その己書を通じてお互いに褒めあいます。
それを通して、自己肯定感や他社肯定感が得られます。

代表作

 

出典元 http://www.onoresho.jp/shihan/s289/

 

まとめ

文中に何度も言っていますが、高城久は本当にマルチな人です。
これだけなんでもこなせて、高いレベルで極められる人っているんですね!

心から敬意を表します。

今後も、柔道整復師としての治療、書家としての活躍、
うなぎの伝道師としての活動を思いっきりしていって欲しいものです。

多くの人が高城久の活躍を心待ちにしています!

スポンサーリンク







おすすめの記事