藤田貴大ってご存知ですか?

藤田貴大は「マームとジプシー」主宰をする、
大人気の日本の劇作家です。

 

その活動は年々精力的になっていき、
彼の一挙手一投足から目が離せません。

 

現在の日本において藤田貴大は、
そのくらい人気があるのです。

今回は、そんな藤田貴大に迫ってみましょう!

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

藤田貴大(プロフィール

藤田貴大
ふじた たかひろ
1985年4月27日生まれ
北海道伊達市出身
劇作家・演出家

 

北海道伊達緑丘高等学校
桜美林大学文学部総合文化学科

とても文学的な顔をされていますね!

この人から色々な文学作品が
生み出されていくっていう感じの顔をしていますね。

 

たんなる知性ではなく、
深い深い頭の良さを感じられます。

とてもクリエイティブな感じですね。
そして、顔は優しいのですが、
芯がしっかりとしているという印象です。

 

受賞歴

第56回岸田國士戯曲賞を受賞(2011年)
『cocoon』で第17回鶴屋南北戯曲賞候補(2014年)
第63回横浜文化賞文化・奨励芸術賞受賞(2014年)
『cocoon』(で第23回読売演劇大賞演出家賞ノミネート(2016年)

 

主な作品

スープも枯れた 2007年
ほろほろ 2008年
ハロースクール、バイバイ 2010年
コドモもももも、森んなか (再演) 2011年
LEM-on/RE:mum-ON!! 2012年
マームと誰かさん・ひとりめ 大谷能生さん(音楽家)とジプシー 2012年
マームと誰かさん・よにんめ 名久井直子さん(ブックデザイナー)とジプシー 2014年
sheep sleep sharp 2017年
川上未映子×マームとジプシー「みえるわ」(10周年ツアーvol.2) 2018年
BOAT(東京芸術劇場 プレイハウス) 2018年

 

 

人生前半にして、この大活躍ってすごいですね!

これから先が、末恐ろしいというか、
どんな偉業を成し遂げてくれるのだろうかと
大きな期待をしてしまいます。

 

きっと世界で活躍する、
そういう素晴らしい、
スケールの大きい劇作家になってくれるのだろうと思います。

 

藤田貴大の作風

役者に内在する個性をしっかりと把握しています。
これは役者のパーソナリティーを
常に観察することで可能になってくるのです。

 

そしてこの役者が持つ本来の個性は、
劇中の役柄とどんどんケミスとしていくことで
リアルなドラマや個々の質感が育っていくのです。
そしてそれが新たな創造物として、
大きく作品に色がついていくのです。

 

藤田貴大が用いる具体的な手法としては、
象徴的なシーンを様々方向から何度も見せる
「リフレイン」という方法が特徴です。

 

この手法によって、
観客は大切なシーンを様々な角度から
自分なりの解釈をすることに役立ちます。

もう一つの特徴的な手法としては、
ほぼ素舞台で行うものがあります。

これは大掛かりなセットなどをほとんど用いないで、
セリフ中心で行われるものです。

 

そのために観客の想像力によるところが大きく、
まるで読書をしているかのようだと
言われることが多いのが特徴です。

まとめると、彼の作品は役所の個性を活かして、
観客の想像力を十二分に刺激するというものです。

 

 

スポンサーリンク




新作『BOAT』

藤田貴大による新作『BOAT』が、
約一年ぶりに、
東京芸術劇場で講演されました。

この新作『BOAT』は、マームとジプシーの近作である
『カタチノチガウ』と『sheep sleep sharp』の完結編に当たるものです。

 

東京芸術劇場というのは、伝統的に今後の躍進が見込まれる
気鋭の演出家や劇作家を積極的に起用しています。
藤田貴大もそのひとりで、
抜きんでた実力が買われて起用されたのです。

 

この作品でも藤田の演出の大きな特徴である、
『リフレイン』が使われています。
象徴的なシーンを何度も繰り返し繰り返し
別の角度から見せることによって、
観客の記憶に深く定着させて想像力を刺激していくのです。

 

藤田貴大の独特の演出スタイルは、
多くの徴収を魅了して、
ここ数年の日本の演劇界で
注目の的になってきたのでした。

 

東京芸術劇場で発表される藤田の作品は、
『小指の思い出』『ロミオとジュリエット』そして、
新作『BOAT』が3つ目という実績があります。

実はこの作品は、藤田が自身がより表現されているのです。

それは彼自身の言葉を扱って書き下ろしたからなのです。
舞台のタイトルでもある「ボート」を中心に据えて、
とても不思議な空間を描いているのです。

 

 

それは過去でもなく未来でもない、
現在というものを不思議な感覚で描いているのです。

 

この不思議な空気感に、
観客は全くの非日常である
別空間に連れてこられているのです!

藤田貴大は結婚しているのか

この件に関してもリサーチしてみたのですが、
全く情報がありませんでした。

通常結婚していれば、
それに関する情報は出てきます。
しかし、まったく出て来ませんでした。

ということで、結婚しているという可能性は限りなく低いと思います。

藤田貴大に彼女はいるの?

これに関しても全く情報が出てきませんでした。

しかし、出てこないからと言って、
彼女がいないということになりません。

 

確率としては、
彼女がいるほうが高いと思われます。

出会いもありますし、
イケメンですし、成功者ですからね!

藤田貴大と又吉直樹との関係は?

藤田貴大と又吉直樹はこれまでにも
色々とジョイントしています。

 

NHK BSプレミアムでのドキュメンタリー番組
『ネクストブレイカー「藤田貴大×又吉直樹」』が放送されました。

この番組内で、
現在の日本の文学界と演劇界を代表する二人が、
自分たちの想いを熱く語り合いました。

 

二人の過去、現在、そして未来の夢や、
日本の文学や舞台がどう変わっていくべきかについて、
トップの二人が語り合ったのです。

 

日本を代表する二人ということもあって、
お互いに素晴らしい刺激を受けることができたようです。

それまでの自分いはない新しいアイディアを得られた二人は
終始ニコニコ顔で対談をしていました。

 

そしてその刺激は、
今後の創作活動に大いに役立っていくだろうと
二人とも自分たちの将来に更なる希望がもてたということで
番組が終了したのです。

まとめ

今回は藤田貴大について書いてみました。

本文中何度も言ってきましたが、
藤田貴大は今後の日本を代表する人間の一人です。

 

彼の創作によって今後の日本の演劇界が変わる
とまで言い切ってもよいでしょう。

そんな藤田貴大に大いに期待していきましょう!

 

スポンサーリンク




おすすめの記事