ホームレスに禿げはいない、という説が世間で騒がれているようです。
確かに禿げたホームレスはあまり見かけないような気もします。

 

実際に筆者が見かけるホームレスの人も
50代や60代男性ですが、髪の毛がフサフサです。

 

そんなに清潔に保たれていないのは一目瞭然なのですが、
あれだけフサフサだと、これまで良いとされている頭皮を清潔になどという
一般的なケアの仕方に疑問を感じずにはいられません。

 

そこでこの記事では、

ホームレスがはげない理由は?抜け毛を抑えて薄毛から抜け出す方法が!

といったことを中心に見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

ホームレスはあまりシャンプーしない

 

普通は毎日お風呂に入って、その日の疲れや汚れを落としますね。
夜お風呂に入って、朝またシャワーを浴びるという人もいるでしょう。
毎日シャンプーする人もいます。

それではシャンプーについて、ちょっと考えてみましょう。
シャンプーをあまりせず、頭皮の毛穴が詰まると、
皮膚の炎症で毛根がダメージを受け、抜け毛の原因になってしまいます。

 

このように、頭の皮脂は薄毛や抜け毛の原因になりますが、
全くなくなってしまうのも良くないのです。

毎日シャンプーして皮脂を取り過ぎてしまうと、乾燥を防ぐ為に、毛穴から皮脂が出過ぎて、
脂っぽい頭皮になってしまい、抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

ですから、シャンプーのし過ぎは良くないので、
適度なシャンプーを心がけていきましょう!!

 

シャンプーに含まれるはげる成分はこちらをクリック!

頑張る人は禿げやすい?

頭皮のケアの方法や頻度が問題で、
やりすぎてしまては、かえって悪影響になってしまうようです。

一生懸命にケアしているのに、かえってもっと禿げてしまったら、とても悲しいですね。
禿げる原因を良く理解し、正しいケアをして、禿げを防ぎましょう。

 

大切な睡眠

とかく忙しい現代人は睡眠不足に陥りやすいです。
一方ホームレスは、基本的に仕事はしていない人が多く、
電気の無い生活をしている人がほとんどで、
暗くなったら眠る、太陽が出たら起きる、という生活をしてるようです。

眠る時間も長く、髪の毛も発育しやすい生活習慣なんですね。

 

スポンサーリンク




空腹感の影響について

私たちは普通毎日お腹一杯ご飯を食べ、幸せな生活をしています。
ホームレスはどうでしょうか。

その日暮らしの生活で、毎日お腹一杯食べている人は少なく、
常に空腹を感じている人は多いと思います。

ところが、この空腹感が髪の毛に良い影響を与えていると言われているのです。
一体なぜなのか調べてみました。

昔から、「腹八分目に医者いらず」と言われてきました。
南カリフォルニア大学長寿研究所等の研究によると、
サーチュインという長寿遺伝子は、空腹時に活発に働くそうです。

そして、このサーチュイン遺伝子は、育毛、発毛効果もあるらしいのです。

名古屋市立大学大学院教授の岡嶋研二博士の、
IGF-1(インスリン様成長因子1)育毛理論」によると、
空腹状態になると胃の中で、知覚神経が刺激され、
IGF-1を増やすグレリンという物質が作られるのですが、
空腹時間の長さに比例してその量が増えていくそうです。

 

活発になった知覚神経からは、
血管拡張を促すCGRPという物質が放出され、頭皮の血流を良くし、毛母細胞も刺激され、
発毛が促されるという訳です。

 

では、どの位空腹時間を維持すれば良いのでしょう。
東洋医学研究家の玄哲夫氏は、現代人は食べすぎ、栄養の摂り過ぎで内臓を酷使している。
週に一度の断食で体調が改善されるだろう、と言っています。
丸一日断食するのがきつい場合は、半日の断食から始めても良いらしいです。

南カリフォルニア大学長寿研究所の、
ヴァルテル・ロンゴ教授は、断食はダメージを受けた免疫システムを再生する、と言っています。
空腹感で発毛促進なんて、びっくりしますね。

 

まとめ

ホームレスははげないと言っても、もちろん個人差もあると考えられますが、
彼らがはげない理由を考察することで、
なんとも興味深い事実が見えてきたように思います。

こういったことを参考に、髪の毛のより良いケアをしていきたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事