妊娠している女性は胎児の為に食事に気を付けておられる事と思います。
でも知らない間に、魚を食べる事で水銀を過剰に摂ってしまっているかもしれない事はご存じでしょうか?

皆さんは水俣病の原因が水銀なのはご存じだと思います。
では、マグロと水銀の関係についてはどうでしょうか?
妊婦はマグロを食べ過ぎてはいけない、という事はご存じでしょうか?

調査では、54.8%の妊婦は知っているにも関わらず、
食べる量に注意している方は28.7%だけでした。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

50人の購読者に加わりましょう

メバチマグロは週80グラム以下に

厚生労働省は、妊婦が食べる魚と
水銀のリスクに関して2003年から専門家を招いて審議をしてきました。

微生物の働きによって、水銀は水中や土の中で化学変化を起こし、メチル水銀になります。
海水の中の水銀は、食物連鎖によって少しずつ濃縮されていきます。

そして、上位にいるメカジキ、メバチマグロ、
クロマグロなどの魚では、濃度が高くなっています。
妊婦が水銀を含んだ魚を食べると、胎盤を通って胎児に蓄積されてしまいます。

身体の神経系に作用するメチル水銀は、
胎児の運動機能や知能の発達に悪影響を与えるリスクがあります。
妊娠期間中はメチル水銀をあまり摂らないよう、
食べる量を制限してくださいね。

注意が必要な魚と量の目安

【週2回まで】
キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ

【週1回まで】
キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチ(メバチマグロ)、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ

【2週間に1回まで】
コビレゴンドウ

【2か月に1回まで】
バンドウイルカ

例えばメバチマグロなら、1週間に80グラムまでなら食べて良いそうです。
マグロ丼とか海鮮丼を食べたら、1週間の目安分量を超えてしまいますね。

 

スポンサーリンク




厚生労働省は風評被害に考慮

厚生労働省は、風評被害が生じないよう正確に理解してください、と通知しています。
水産・漁業関係に経済被害が起こる事を憂慮しているのです。
その為に国内の消費者に対して、積極的に情報提供し啓発する事にブレーキがかかっているのかも知れません。
でも、妊婦が妊娠期間中を健康に過ごせるよう、正しい情報を提供する事は大切な事ではないでしょうか。
定期的に通院して、医師や看護師から食事指導を受けても、水銀のリスクについて、どれ程指導されているのかは分かりません。

母子健康手帳

日本発祥の母子健康手帳。
その歴史は長く、国から妊婦に直接情報を伝える公的メディアとして、大きな役割を担っています。
最近では、母子手帳アプリを提供する自治体もあるようです。
妊娠が確認されると、母子保健法に基づいて自治体に届け出、母子手帳を受け取ります。

母子手帳は、厚生労働省令による全国共通部分と、
自治体独自の制度を反映した任意様式部分に分かれています。

2007年以降は、厚生労働省の推奨によって、
母子手帳の任意部分にメチル水銀摂取に注意をするよう、との記載が載せられるようになりました。

母子手帳は、自治体の裁量で決められ民間が作成する事が多いので、
自治体によって任意部分に違いが出てきます。
「妊娠期間中の食事について」といった食事指導欄には、
魚介類に含まれる水銀への注意を促しています。

しかし、どの程度のリスクなのか、具体的にどの魚介類を制限するべきなのか、
どのくらい食べられるのか、などについては記載されていません。

また、スマホで母子手帳アプリを見る場合、
妊婦への注意喚起はトップページにないので、何度もクリックして探さなければなりません。
妊婦に正しい情報が伝わる様、どの魚介類で量はどの位まで食べられるのか等、
具体的に記載していただけると、妊婦の認知度ももっと上がると思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事