私達が毎日普通に飲んでいるミネラルウォーター。
ミネラルウオーターは天然水のイメージがありますよね。
健康ブームで「お水をたくさん飲みましょう」と、たくさん飲んでいる方もおられるでしょう。
水道水より安全と言われてきたミネラルウォーターは、登場して20年ほどになります。
今では水は買って飲むことが当たり前になっています。
箱で購入している方もおられる事でしょう。
ところがなんと、ミネラルウォーターに発ガン性物質が含まれていたのです。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

84人の購読者に加わりましょう

ミネラルウォーターに発がん性物質が!

横浜市が行った調査によると、ミネラルウォーターに「ホルムアルデヒド」や「アセトアルデヒド」が水道水の80倍の濃度で検出されたと報告されています。
さらに、41銘柄のミネラルウォーターに異物混入が認められました。

山梨県も2016年、にミネラルウォーターに基準値を超える発がん性物質が含まれていたと発表し、その製品の回収を命じました。
製品は2リットルペットボトル入りで、発がん性物質の臭素酸が基準値の倍に当たる量が検出されました。
臭素酸は臭素のオキソ酸の一種で、塩素酸に性質が似ています。

特に海外からの輸入物に関しては、外圧によって規制緩和され、天然のまま処理しないため、このような結果となっているのでしょう。

東京都の水道水基準は50項目ですが、ミネラルウォーターは18項目しかありません。
水道水の方が項目が多いのです。
人体に有害な鉛やヒ素については、水道水の5倍まで認められています。
ミネラルウォーターは、食品衛生法で「清涼飲料水」に分類されており、いわゆる嗜好品扱いなのです。
その為水質基準が甘く、細菌数などの18項目が定められているだけなのです。

1995年に様々なメーカーのミネラルウォーターから、プラスチック片の混入が見つかった事がありました。

1990年には、ペリエ社のミネラルウォーターからベンゼンが検出され、製品回収に至りました。

1989年に女子栄養大学がミネラルウォーター30銘柄を測定したところ、国産13銘柄、輸入2銘柄から発がん性物質の
トリハロメタンが検出されています。

アルカリイオン、電解水など様々な形で天然水やミネラルウォーターがもてはやされています。
でも、安全性を考えるなら、審査基準の厳しい水道水の方が安全といえます。

 

スポンサーリンク




製造されたのはいつか?

ミネラルウォーターの入ったペットボトルに製造年月日と賞味期限が記載されているものもありますが、見にくくてわかりにくいですよね。

海外製は、船便で運んできますので、2ヶ月以上経っています。
日本製でも、流通経路を考えると1週間以上経っているかもしれません。

2ヶ月以上前の水って大丈夫なんでしょうか。

日本では、ミネラルウォーターに水道水のような水質管理の義務付けがないので、それも心配です。
井戸水をくんで殺菌するだけでミネラルウオーター(ボトルドウォーター)になるんです。
ということは、水道水をそのままペットボトルにいれてもミネラルウォーターになるのでしょうか?

ペプシコ社のペットボトル水「アクアフィナ」は、中身がただの水道水と変わらないことを認めています。

コカ・コーラ社も、「ダサーニ」と言うペットボトル水に水道水を使用していると公表しています。

水道水の1000倍もする価格で、安全性が疑問視されているペットボトルのミネラルウオーターを飲み続けるより、安全性が担保された
水道水を飲んだ方が賢いとも言えますよね。

健康ブームの落とし穴ともいうべき状況ですね。
ミネラルウォーターの多量摂取で健康被害にあっては本末転倒です。

産業や企業の利益誘導という観点からも、健康ブームの裏に隠された真相を知る必要がありそうです。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事