黄色くて可愛い花のタンポポ。
アジア、ヨーロッパ、北米の温帯地域には、数百種類のタンポポが生えています。
生命力が強く、アスファルトの裂け目に生えることもあります。

この身近なタンポポが、私達の健康問題を解決してくれるとしたら驚きですよね。

タンポポの根、葉、花には薬効があり、昔から漢方として使用されてきました。
古代中国やギリシャでは消化の促進、肝臓の治癒、利尿剤として使用されていました。
アメリカの先住民は、腎臓病、胸やけ、胃痛の薬として使用してきました。

漢方だけではなく、ヘルスケアの分野にも使われています。
様々な健康促進効果があり、癌や糖尿病などにも効果を発揮します。

それでは、タンポポの驚きの効果効能を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

84人の購読者に加わりましょう

タンポポに含まれる栄養素

ビタミンA、B群、C、D、K
カリウム
カルシウム
マグネシウム
マンガン
リン

繊維

ほうれん草より多いたんぱく質も含まれています。
皮膚疾患、血液疾患、癌、貧血、眼、ダイエット、うつ病などにも効果があります。

タンポポの根の4つの効果効能

1.癌細胞と戦う

いくつかの研究で、タンポポの根が癌の予防や治療に有効であることがわかりました。
2011年のカナダのウィンザー大学の研究では、根の抽出物が皮膚癌を治療し、わずか48時間で癌細胞を死滅させると報告されています。
別の研究では、タンポポは2日以内に大腸癌細胞の95%を殺したと報告されています。

タンポポ根は癌細胞に作用し、分解して新しい適切な細胞に置き換えてくれます。
前立腺癌、肺癌、乳癌、肝臓癌、白血病などの治療にも役立ちます。

化学療法は、癌細胞だけではなく正常な細胞も無差別に傷つけてしまいます。
でもタンポポを使った治療は、毒性がなく癌細胞だけを攻撃し免疫を強化してくれるのです。

2.肝臓の健康促進

肝臓の役割は、代謝、解毒、胆汁の分泌の3つに分類されます。

しかし細かく役割を細分化していくと、その数は500種類を超えます。

タンポポ根は毒素を排出し、肝臓機能を改善させてくれます。
胆汁に作用し、消化器をサポートします。

3.コレステロールを低下させる

動物実験では、タンポポ根が総コレステロールとLDLコレステロールを減少させたと報告されています。

4.免疫を強化する

病気を引き起こす細菌と戦えるように、免疫を向上させてくれます。
抗酸化物質が多く含まれており、フルーラジカルと戦い、心臓病や癌のリスクを軽減させてくれます。

タンポポの6つの効果効能

1.腎臓の健康促進

利尿作用があり、腎臓の老廃物、塩分、過剰な水分を排出してくれます。

2.糖尿病の予防

動物実験では、タンポポは血糖値とインスリンを調節するのに役立つ事が分かりました。

3.血圧を下げる

利尿を増やすことで血圧が低下します。
タンポポに含まれる繊維やカリウムも、血圧を調節してくれます。

4.抗炎症作用

脂肪酸、植物栄養素、抗酸化物質が含まれており、身体の痛みや腫れなどの炎症を軽減させてくれます。

5.眼の健康

ビタミンAの欠乏は、失明を招くことがありますが、タンポポにはビタミンAが多く含まれています。
米国医師会ジャーナルによると、黄斑変性症のリスクを低下させることが示されています。

5.ダイエット

非常に低カロリーな上、繊維が多く含まれ、満腹感が感じられます。
たんぽぽの葉が、一部の減量薬と同じように脂肪吸収を抑制すると報告されています。

 

スポンサーリンク




タンポポの食べ方

根、葉、花、全て食べられます。
生のままサラダに入れたり、スープ、蒸し物、ソテー、天ぷら等、色々な調理方法で食べる事が出来ます。

タンポポの見つけ方

田舎に行けばどこにでも生えています。
都会でも、家の庭に生えているかもしれません。
除草剤や農薬が散布されているところは避けましょう。
食べる前に、水でよく洗い流してください。

タンポポ根は、深く掘り引き抜いてください。
食べる前にはよく洗ってください。

インターネットでたんぽぽ茶、たんぽぽコーヒー、サプリなどが販売されていますが、添加物の少ないものを選んでください。

タンポポの注意点と副作用

一般的には安全だとされていますが、一部アレルギー反応を起こすことがあります。

ブタクサ、菊、マリーゴールド、カモミール、デイジー、ヤロウなどにアレルギーがある方は食べない方が良いでしょう。
もし腫れ、かゆみ、発疹などの症状がでた場合は、すぐに医師に相談してください。

ビタミンKが多く含まれているため、血液凝固に影響を与える可能性があります。
アスピリン、ワルファリンなどの血液凝固阻止剤を使用している方は使用を控えてください。

胃酸や胸やけをひどくする場合もあります。

腎臓、胆嚢、胆石がある方は、医師に相談してください。

糖尿病や肝臓の薬を服用している方も医師に相談してください。

タンポポにこれだけの効果効能があるとは驚きですよね。
身近にある無料のスーパーフードです。

今まではただの雑草だと思って通り過ぎていましたが、これからは活用してみたいものですね。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事