田上嘉一って知ってますか?
最近何かと人気の弁護士なんです。

テレビ出演も多くとても人気を博しています。

それにけっこう、かわいい感じのイケメン弁護士で、
画面に映っても全然違和感がありません。

そのへんのタレントよりもいい感じですよ。

ということで今回は、田上嘉一について迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







 

田上嘉一プロフィール

田上嘉一
たがみよしかず

1978年5月4日生まれ
神奈川県厚木市出身

厚木市立荻野中学校
神奈川県立厚木高等学校
早稲田大学法学部
早稲田大学大学院法学研究科
ロンドン大学クィーン・メアリー校修士課程修了

陸上自衛隊三等陸佐(予備自衛官)
防衛法学会、戦略法研究会所属

2002年、大学院在学中に司法試験に合格。
2004年、アンダーソン・毛利・友常法律事務所にて弁護士として執務を開始。企業のM&Aや、不動産証券化などの案件に従事。
2010年、イギリスロンドンにあるクイーン・メアリー (ロンドン大学)に留学。
2012年、グリー (企業)に転職。法務や新規事業の立ち上げに携わる。
2015年、弁護士ドットコム株式会社に移籍し、ゼネラル・マネージャーに就任。
2017年、執行役員に就任。

WIKIPEDIA より引用

やっぱり結構なイケメンですね!

弁護士でありながら、
一級船舶の資格も持っているんですから凄いですね!

頭も良くて、フィジカルも行けるという両方を持っています。

天は二物を与えないと言いますが、
これには二物も三物も与えられていますね。

羨ましい限りです!!

 

スポンサーリンク




陸上自衛隊三等陸佐(予備自衛官)

田上嘉一はなんと、
陸上自衛隊三等陸佐(予備自衛官)でもあるんです!

弁護士でもありながら、予備自衛官でもあるんです!

これは本当に驚きです。
いったい彼はどこまで才能があるのでしょうか!!

文武両道とはまさにこのことです。

そのために、テレビなどでも自衛隊に関するニュース解説などを行っています。

そしてYAHOOのニュースでも、
自衛隊に関して、
または国際政治に関しての記事を書いています。

時に、「定年引き上げは自衛官不足の打開策となるのか」という記事では
彼の予備自衛官としての知識や経験が活かされています。

そして彼にしか書けない、本物の記事になっています。

 

職業としての自衛官に魅力と誇りを

筆者が予備自衛官として教育訓練を受けている間、
つかっている制服や帽子、靴や毛布などの備品が
とても長い年月使われていることに大変驚きました。
毛布やシーツなどは、30-40年間使われているものもあり、
「自分と同い年だ」などといって驚愕したことを覚えています。

また巷間知られている話ですが、予算がなくなるとトイレットペーパーすらなくなり、
自前で購入して使うということもあるようです。

実際に先日ある駐屯地のトイレにいったとき、
トイレットペーパーが見つからずとても難儀しました。

給与面などの待遇ももちろんですが、
こういった職場の環境を整えるなど、地道な活動が必要です。

また、任期制自衛官の非任期制への移行の受け入れを増やすことや、
除隊後の自衛官の転職先の確保なども重要であると考えます。
こうした活動により、職業としての自衛官の魅力と誇りを増すことができなければ、
今後ますます人員確保は厳しいものとなりそうです。

YAHOOから引用

 

これなんかは、
本当に自衛隊を知っていなければ書けない文章ですね。

口先だけの評論家などが多い中、
本当に体験して、そこから記事を書けるというのは素晴らしいものだと思います。

こういう人にこそ、もっともっと本物の文章を書いてほしいと思います。

田上嘉一は板尾創路と似ている

 

確かに似ていますね!!
そっくりです。

でも、実は板尾もかなりイケメンなので、
それはそれで納得できます。

板尾の場合は仕事上、あえて3枚目を演じていますが、
本来彼は二枚目のイケメンです。

 

まとめ

今回は田上嘉一について迫ってみました。

本文中でも述べましたが、
彼は頭も良くてフィジカルもある
本当の文武両道人間です!!
だから彼の自衛隊などに関する発言や文章は
本当の意味での説得力があります。

だからこういう人にこそ、
どんどん真の重みのある発言をしていってほしいですね!

 

これからも田上嘉一の活躍を期待していきましょう!

スポンサーリンク







おすすめの記事