なかなか眠りにつけないのって辛いですよね。
早く眠りたいのに時間だけが過ぎて行って、睡眠時間が削られてしまうと思うと、どんどん焦ってしまいます。
そしてその焦りがさらに体を緊張させて、眠りからまたまた遠ざかってしまいます。

こんな時はどうしたら良いのでしょうか?

健康サロンのNOBUです!!

実は僕も寝つきが悪い方なので、眠れない人の気持ちはよくわかっています。

なかなか眠りにつけない時は、米軍式睡眠法を使うと、2分以内に眠れるそうです。
米軍式睡眠法とはどんなものなのでしょうか?

僕もこの睡眠法を知った時には、驚きのあまり、米軍ではなく、たけし軍団に入ろうかと思ったくらいです。

今回の動画を見れば、みなさんも瞬時に眠りにつくことができるかもしれません。
ですから、是非最後までこの動画をご覧くださいね!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

89人の購読者に加わりましょう

睡眠の働き

・脳や体を休ませる
・疲れを回復させる
・記憶を固定させる
・免疫機能を増加させる
など、大事な機能が沢山詰まっています。

眠れないと体がすっきりせず、不健康になってしまいます。

米軍式睡眠法とは

漸進的筋弛緩法とボディスキャン瞑想を組み合わせた睡眠法です。
世界で最も偉大なコーチの1人に数えられている、バド・ウィンター氏が編み出しました。
ウィンター氏は、心理学の教授をされていた、アメリカの陸上競技のコーチで、何人もの金メダリストを輩出しています。
ウィンター氏は、米海軍飛行前訓練学校に招かれた時に、パイロット達の睡眠を改善させる為に編み出したのが、この米軍式睡眠法なのです。

第二次世界大戦中は、大勢の米軍パイロット達が睡眠不足で、多くのミスを犯していました。
しかし、このウィンター氏の睡眠法を取り入れた結果、96%のパイロットが2分以内に眠れるようになったのです。
しかも、昼でも夜でも、マシンガンの射撃音が鳴り響いている場所でも、2分以内に眠る事が出来たのです。

 

スポンサーリンク




実践方法

身体に力を入れる、リラックスしていく、を繰り返します。
リラックスしていないと人は眠れません。
眠れない時は、リラックスしていない状態だから眠れないのです。
つまり、無意識に力が入っているのです。
無意識に力が入っている状態で力を抜くのは簡単ではありません。
そこで、一度力を入れてから力を抜くようにします。
例えば、10秒程手を強く握ります。
その後手を放すと、力が最大限に抜けてリラックス状態になります。
これを全身で行うのが、この睡眠法です。

 

1.顔のリリース

顔には43個の筋肉がありますが、それらのすべてをリラックスさせて行きます。
ウィンター氏は、特に目の周りの筋肉を重要視しています。
眼球が自分の重さで頭に沈み込むようにイメージするのが良いようです。

まず、目を閉じゆっくりと深く呼吸します。
次に、目、口、顔全体の筋肉を順番にリラックスさせます。
顎の筋肉から徐々に顔の下のほうへ向けて緩めてみると良いでしょう。
顎、頬、口、舌、顔全体をすべてリラックスさせます。

次に、目も含めて、すべての力を手放します。
力を入れる時は、全力で力を入れてしまうと逆に身体が覚醒してしまいますので、3割から7割の力加減にします。
また、呼吸も大切です。
力を入れる時に息を吸い、力を抜くときに息を吐きます。
ゆっくりと呼吸する事がポイントです。

 

2.肩のリリース

緊張感をすべて手放し、肩が床に沈むような気持で、だらーんと力を抜きます。
ゆっくりと深い呼吸を続けましょう。

 

3.腕のリリース

利き手から、肩と同じように行います。
手のひらや指も同じようにリラックスさせてみましょう。

 

4.足のリリース

右の太ももから始めます。
床に沈み込むような気持で、リラックスさせましょう。
太ももが終わったら、ふくらはぎ、かかと、足の裏、と上から下へとリラックスさせて行きます。
右足が終われば、左足も同じように力みを解いていきましょう。

これで全身の筋肉のリラックスは終了です。

 

5.思考のリリース

全身の筋肉の力を抜いた後、最後に10秒だけ何も考えないようにします。
考えないのが難しい場合は、
・「考えるな、考えるな」と頭の中で繰り返す
・暗い部屋でハンモックに揺られている様子を想像する
・静かな湖でカヌーに寝そべり青空を眺めている様子を想像する

で思考を遮断しましょう。

睡眠の専門家ニール・スタンレー博士は、眠りにつくために「睡眠に適した寝室」「リラックスした体」、そして「気持ちを鎮めること」の3つが必要だと語っています。

中でも気持ちを鎮めることがとても大切で、入浴、読書、カモミールティー、マインドフルネス、アロマテラピー、音楽を聴くなど、自分に合った方法を見つけるよう提案しています。

心拍トレーニング製品を扱うポラール・エレクトロ・ジャパンの調査によると、日本人の男女別平均睡眠時間は、男性6時間30分、女性6時間40分と調査した28カ国の中で最も短時間でした。
また、睡眠中の体の動きや心拍数によって分析される「睡眠の質」においても、28カ国中25位という結果でした。

この米軍式睡眠法は練習が必要です。
習得するまでに多少時間がかかるかもしれませんが、普段寝つきが悪く、十分な睡眠が取れていない方は、是非お試し下さい。

 

それでも眠れないあなたへ

もし、この米軍式睡眠法を試しても眠れないという人もいるかもしれません。そういった場合には、どうしたら良いのでしょうか?

それに対しても、明確な答えがあります。

それは、「眠ることを諦める」ということです。

そして、眠ろう眠ろうというプレッシャーから、自分を解放してあげてください。どうせ眠れないのなら、その時間を読書やためになるYOUTUBEを見ることに使って、有意義な時間を過ごすように努めると、逆に眠くなってくるものなのです。キーワードは、リラックスすることなのですから。

どうしても眠れない時は、諦めることが大切というのは、高須クリニック院長で美容系YOUTUBERの高須幹弥先生もご自身の動画で仰っています。

冒頭でも述べた通り、僕自身も寝つきが良い方ではありませんので、この眠ることを諦めるということは何度もやっています。そうやってプレッシャーをなくすことで、逆に眠気が訪れたりもします。

 

眠れない時に、ためになるYOUTUBEを見るのがおススメと述べましたが、その際には、この健康サロンの動画なんかが良いのではないでしょうか?なんて、自分の動画の宣伝も最後にちゃっかり入れちゃいました!

僕の声って、結構癒し系で、聞いていると眠くなるなんて言われることも多いんですよ。健康サロンは、ためになるだけでなく、睡眠にまでも使える、非常に多目的な動画ですので、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

スポンサーリンク







おすすめの記事