惜しみなく人に与える人が健康になる理由を、科学的根拠に基づいて説明したいと思います。

「情けは人のためならず」、「人を呪わば穴二つ」という諺を聞いた事がありませんか?
これらの諺は、多少のニュアンスの違いはありますが、あなたの行いは巡り巡ってあなたの所に帰ってくる、という意味があります。

健康サロンのNOBUです!

相手を傷つける事は自分を傷つけるのと同じ事。
人に嘘をつくのは自分に嘘をつくのと同じ事。
逆に、相手に喜びを与えると自分にも喜びが返ってくる。
人を幸せにするという事は自分を幸せにするという事。

私達の行いは巡り巡って私達の所に帰ってくる、という考えは、量子力学、宇宙物理学、脳科学の観点から科学的に解説できるのです。

では、いいねボタンとチャンネル登録をしていただいて、早速動画に行ってみましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

91人の購読者に加わりましょう

1.与える人が健康になる量子力学的理由

全ての生物と物質は素粒子で出来ています。
その素粒子は、それぞれ固有の振動数を持っています。
例えば、光は光子・フォトンと呼ばれる素粒子で出来ていますが、その振動数の違いによって、
人間の目で見る事が出来る「可視光」や、人間には見えないけれど蛇には見える「赤外線」等にわかれたりします。

人間の身体を形作っている細胞は、脳波による振動の影響を受けて再生します。
人間の身体には37兆個の細胞があり、全体として1秒ごとに81万個の細胞が生まれ変わっています。
その細胞の形成には、脳波=振動が関わっている事が実験で確認されています。
8~12ヘルツのアルファ波は、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの合成を促進します。
そして、脳波=振動は、言葉や意識によって変化します。
また、全ての生物の細胞からは、「バイオフォトン」という光の素粒子が放出されています。
バイオフォトンとは、生き物の生命活動に伴って発せられる極めて弱い光の事で、細胞内の呼吸やエネルギー代謝によって、常に身体の外に放出されています。
微弱すぎて肉眼では確認できませんが、超高感度な光検出器を使うと、人体の発光を測定する事が出来ます。
このバイオフォトンも振動しています。

つまり、私達の身体は素粒子で出来ていて、その素粒子は常に振動しており、
脳波=振動は、意識や言葉で変化し、細胞の形成に影響を与えている、
その細胞からバイオフォトンという振動数を持った光の素粒子が放出されている、という事になります。

私達の意識は、自分自身の脳波と細胞の振動数に影響を与え、それによってバイオフォトンの振動数にも影響を与え、放出された振動数によって他者にも影響を与えているのです。
私達の発する言葉が他者に影響を与えるという事は理解出来ますが、私達の意識が自分にも他者にも影響を与えている、というのは驚きですよね。

2.与える人が健康になる脳科学的理由

ここでは、共感力と無意識について説明します。

脳の共感力
・相手と感情を一致させる能力
・相手の気持ちを感じる力

認知的共感=メンタライジング
意識的に行われる共感で、人間にしかない能力と言われています。

共感=エンパシー
「情動的共感」と呼ばれ、本能的で無意識の領域で行われるものです。
人間、ネズミ、サルなど、社会性のある動物に広く見られる能力です。
人それぞれが持つ固有の性格による強弱の差はありますが、大半の人が備えている能力で、無意識的に自然に起こってしまうものです。

無意識の特徴
・他人と自分の区別がつかない
・主語が抜け落ちて認識する

善い行いや良い言葉を他者に与える人は、それを自分にも与える人です。

 

スポンサーリンク




3.与える人が健康になる宇宙物理学的理由

インフレーション宇宙論によると、138億年前にはこの宇宙は存在しておらず、そこにはたった一つの点としての量子真空が存在していました。
量子真空は、何もない無の状態に見えるけれど、実は膨大なエネルギーの塊です。

あるときふとしたきっかけで大爆発ビッグバンを起こして、この宇宙が出来、今も膨張し続けているというのです。
ここから水素、ヘリウム等の原子が誕生し、原子の結合によって、様々な物質が生まれました。

たった一つの点からこの世界が生まれたという事は、ビッグバンの前はすべての物は一つだったという事になります。
つまり自分も他人も元は一緒だったという事になります。
という事は、善い行いや良い言葉を他者に与える人は、それを自分自身にも与える人、という事になります。

 

4.豊かさを引き寄せる方法

無意識にしている「思考」、無意識に使っている「言葉」が大事である、という事がわかってきました。
でも、無意識はコントロールする事が難しいので、まずは無意識に染み込んでいるネガティブを消す事がとても大切です。

そこで、無意識を浄化して、感謝体質になる具体的な技法をご紹介いたします。

私達のネガティブな想念は、人間関係での摩擦や葛藤、衝突から発生している事が多いです。
こうしたネガティブな想念が、無意識の世界において、ネガティブなものを引き寄せ、悪い運気を引き寄せてしまいます。
これに対処する方法は、すべての人と和解する事です。
と言っても、別にこれらの人々すべてと直接会って謝ったり、相手を許したり和解する事ではありません。
心の世界で、一人一人と和解すれば良いのです。

 

一人一人と和解していく手順

不安、恐怖、不満、怒り、嫌悪、憎悪を感じている相手に対して、

「~さん、ありがとうございます」と、心の中で感謝の言葉を述べます。
私達は感情を変える事はすぐには出来ませんが、言葉を述べる事はすぐに出来ます。
たとえ心から感謝する事は出来なくても、心の中で感謝を述べる事は出来ますよね。

私達の言葉と心には、「身心一如」の理があります。
まず言葉を語ると、それによって心の状態が変わっていくのです。
ただちに感謝の心に変わらなくても、心の中の何かが変わり、ポジティブな方向に変わり始めます。
そして、巡り巡って、きっと自分のもとに感謝の振動が帰ってくることでしょう。
心の中で、「~さんありがとう」と述べるだけ。
簡単ですね。
ぜひ一緒に実践してみませんか。

私達の行いや言葉は、現実世界に確実に影響を与えている事がわかりました。
私達は、この広大な宇宙にさざ波を起こしていて、その波は大きくなって帰ってくるようになっているのですね。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事