加工肉ってとても美味しいものです。
ハムやソーセージやウインナー、そしてミートボール等は食べやすいし調理しやすいので、
ついつい子供にも与えやすい食べ物です。

味も良くて料理しやすいので、人気なのですが、
その利便性の裏にはやはり大きなリスクが隠されているようです。

加工肉って実際にはすごく危険な食べ物なんです。

今回の記事では、その加工肉の危険性に迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

加工肉とは?

では最初に加工肉の定義をはっきりさせておきましょう。

加工肉というのは、味を変えるたり、賞味期限を延ばしたりするために加工された肉で、
加工するための最も多い方法は塩漬け、燻製(くんせい)、
さらには塩や保存料を加える方法があります。

ちなみにひき肉は「加工肉」には入っていません。

主な加工肉の種類

ホットドッグ、サラミ、ベーコン、ソーセージ、
コーンビーフ、ハム、肉の缶詰、ビーフジャーキー、
ミートボール、肉ベースのソース

加工肉の危険性

加工肉というのは非常に危険です。

それはWHO(世界保健機関)も認めた大きな理由があるのです。
WHOの発表によると、1日50gの加工肉を食べると、
大腸がんのリスクが18%も上がるととのことです。

50gの加工肉の量

ソーセージ2,3本
ハム3,4枚
ミートボール5,6個

これは世界に大きな衝撃を与えました!!

この18%という数字はタバコやアスベストと同じくらいの発がん性なのです。

加工肉はそれくらい危険なのです。

加工肉の何が危険なのか?

発がん性を大きく高めるのは、肉を加工する時に使われる化学物質なのです。

それ以外にも、バーベキューなど高温を用いた調理も、
発がん性物質を作り出してしまうことがあるのです。

イギリスでは100人中6人が、大腸がんに一度はなってしまうと言われています。

もし全員が生涯にわたり、1日50グラム分の加工肉を追加摂取した場合には、
大腸がんを患うリスクは18%上昇し、
言い換えれば発症リスクが100人中7人に上がると報告されているのです。

 

スポンサーリンク




添加物の神様 安倍司

ミートボールを最初に作った会社でセールスマンをしていた安倍司という人の有名な逸話があります。

安倍司はミートボールのことを次のように語っています。

「形はドロドロ。水っぽいし、味もなく、そのままではとても食べられるシロモノではありません」

クズ肉を、組織状大豆たんぱくと非常に安値の廃鶏のミンチ肉とで増量して、
そこに20~30種類の大量の食品添加物を添加します。

ミートボールの正体は完全に添加物の塊とも言えるような、
全く得体の知れない、食べ物とも呼べないようなものだったのです。

また、味付けをするために本物のケチャップなどは一切使わずに、
化学調味料をたくさん使用してケチャップの味を出したものです。

ビジネスとしては非常に優秀で、原価10円以下のものを100円以上で販売できるようなものでした。
とてつもないくらいの利益率が出ていました。

しかしそんな安倍司にも、ある日転機が訪れます。
ある日、愕然とする光景を目にしたのです。

それはなんと、安倍司の娘の誕生日に、娘がその添加物まみれのミートボールを
美味しそうに食べているところを目撃したのです。

それを見た安倍司は即座にミートボールを子供から取り上げたのです。
これはもう、完全に反射的な行動だったといっています。

それまでは添加物を売ることが、自分自身の「生涯の仕事」と思っていたのですが、
「死の商人と同じ穴のむじな」であることに気が付いて、会社を辞めたのでした。

確かにミートボールは便利で美味しく食べやすいのですが、
その便利さの裏側には、恐ろしい事実が潜んでいるのです。

まとめ

ここで述べたように加工肉は非常に危険です。

ですから、基本的に加工肉は食べないほうが良いでしょう。
でも、もしどうしても加工肉が食べたい場合には、
危険な添加物が入っていない安全なものを食べるようにしてください。

安全な加工肉も、探せばあります。
例えば、ヨーロッパのほうから輸入されたこだわりのきちんとしたハムなどがあります。

ですから、加工肉はきちんと厳選して安全なものを選んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事