今回はとても危険な食品についてお話ししたいと思います。

その食品は我々日本人の食生活に深く深く根付いていて、
多くの食品に使われているものなのです。

それはトランス脂肪酸というものです。

代表的なものでいえばマーガリンですが、
実はそれ以外の食品にもかなり多く使われているのが実態なのです。

今回はそのトランス脂肪酸について語ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

53人の購読者に加わりましょう

トランス脂肪酸について

WHO(世界保健機構)が2023年までに、
世界からトランス脂肪酸を根絶したいと計画しているのです。

それくらいトランス脂肪酸は危険な食品なのです。

トランス脂肪酸として知られるもの

・マーガリン
・植物油脂
・ファストスプレッド
・ショートニング
・加工油脂

このように色々と名前を変えて、我々の食生活に深く根差しているのです。
厄介なことに、我々日本人は全く気づかないような形で、
その多くを摂取してしまっているのです。

トランス脂肪酸はなぜ悪いのか?

ではどうしてトランス脂肪酸が悪いのかについて語ってみたいと思います。
トランス脂肪酸とはいいかえれば植物油のことなのです。

植物油と聞くと体に良いように感じますが、実はそうではないのです。
トランス脂肪酸はこの植物油を水素添加したものなのです。
この水素添加というのは、カンタンな表現に直すと、
シリコンコーティングしたものということになるのです。

そしてこのシリコンコーティングされたトランス脂肪酸というのは、
食品業界というビジネスと最高の相性になるのです。

その理由は、腐らない油だからなのです。

そしてトランス脂肪酸を使った食品は、
どれだけ時間がたっても揚げたてのような食感で、
揚げたてサクサクの食感を保つことができるのです。

いつでもサクサクの食感であるお菓子や揚げ物ってありますよね。

そしてこの油は食い返し使えるのでコスト的にも最高です。
また、それでできた食品は口当たりも抜群なのです。

ですから、食品業界にもよく、消費者である私たちも、
その食感を楽しんでいるといういのが現状なのです。

ただ、これが私たちの健康にとっては最悪と言っても過言ではないものなのです。

トランス脂肪酸はよく、プラスチックに例えられます。
それは、傷まない腐らないということになるのです。

それが体に中に入ってくるので非常に大きな問題になってくるのです。

難しい話は抜きにしても、単純に消化しにくいというのがお分かりいただけると思います。

トランス脂肪酸は非常に消化しずらいために、
体のエネルギーをかなり使わなくてはいけないのです。

トランス脂肪酸を消化するために相当量のエネルギーを使わなくてはいけないために、
本来エネルギーを向けるべきところに、体のエネルギーを注力することができなくなるのです。

体にとって有害で本来やっつけなければいけないものなどに、
エネルギーが使えない状態になっているのです。

そして起こってくる弊害は、アレルギーや他の病気の原因になると言われています。

相当量のトランス脂肪酸を摂取している

WHOは1日2g以上トランス脂肪酸を摂取すると、健康に害を与えるとはっきりと述べています。

日本では驚くことになんとこの危険なトランス脂肪酸を表示する義務が存在しないのです。
しかし、海外ではしっかりとこれを表示する義務が課せられている国が多いのです。

事実、トランス脂肪酸の害として肥満になりやすい体にするとか、
アレルギー体質にさせたり、赤ちゃんがお腹にいる間の体重減少、
それいがいにも流産などを引き起こす可能性があることが確認されています。
また母親の母乳から子供へ、
トランス脂肪酸が移ってしまうことも研究によって確認されているのです。

これだけ体に害のあるトランス脂肪酸の表示義務が、
どうして日本にはないのかが不思議でなりません。

シンガポールや香港で販売されているコアラのマーチの表示を見ると、
危険性の高いトランス脂肪酸にまみれていることがはっきりと分かります。

トランス脂肪酸について、各国は厳しい政策をとっています。
カナダでは全面禁止です。
アメリカでは州によって異なりますが、禁止されていたり、規制がかかってきています。

そして表示義務というのはどこの国でもあるのです。

 

 

http://www.inooka-naika.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/146

 

このコアラのマーチの表示が意味するものは、トランス脂肪酸が100g当たり4.8gも含まれているということになるのです。

コアラのマーチの重量は1箱41gなので、

4.8g ÷ 100g × 41g = 1.968g がコアラのマーチ1箱に含有されるトランス脂肪酸の量ということになります。

これは、上述した通り、WHOが定める1日の上限2gに達する勢いです。

このように食品会社もきちんとその事実は把握しているのです。
ただ、日本では表示義務がないために表示されていないのです。

発がん性物質も

コアラのマーチの問題はトランス脂肪酸だけではないのです。
シンガポールや香港で購入できるコアラのマーチには、
日本のコアラのマーチの原材料表示では確認することができない、
非常に恐ろしい発がん性物質が見て取れるのです。

色素(E129,E150d)

「色素 E150d」 というのは、「カラメル色素Ⅳ」という意味になります。
この「カラメルⅣ」の製造過程は次の通りです。

亜硫酸とアンモニウム化合物(THI)に対して、糖類を加え、そこに熱を与えて製造されます。
実は、アンモニア化合物(THI法)を用いて作られたものは、
強い発がん性物質を持っているので、こちらも同様にWHOで制限されているものなのです。

ビジネス優先

日本では規制もなく表示義務もないという異常な事態になっているのです。

どうしてこのような異常な事態の中に我々日本人はいるのでしょうか?

それは結局のところ、ビジネス、経済優先ということになってしまうのです。

そしてその相関関係にあるのは、
私たち消費者が安くて口当たりの良いものを購入してしまうというところにあるのです。

だから私たち消費者は食品メーカーを責めるだけではなく、
購入しないという風にしていかなくてはいけないのです。

そうすれば、食品メーカーも自然と販売しなくなるのです。

 

スポンサーリンク




健康寿命は延びていない

ですから私たち消費者に必要なのは、
正しい知識と良いものを購入していくという勇気なのです。

我々日本人の寿命は延びています。
ただ、健康寿命が延びているわけではなさそうです。

がんや色々な病気が私たちを襲ってきて、
それらの病気はどんどん増えてきています。

平均寿命が延びてきているのは、薬による対処療法のお陰なのです。
そういったことで寿命を延ばすのではなく、本当大切なのは、
健康寿命を延ばすことなのです。

 

人間の体というのは、60兆個の細胞で構成されています。
油というのは人間の細胞の膜の部分なのです。

もしこの細胞の膜が全部トランス脂肪酸になったら、
一体どうなってしまうのかを考えなければいけません。

もしそうなってしまうと、新陳代謝が上手くできなくなってしまうのです。

体というのは古いものを捨てて新しいものを作ることで循環しています。
これは皮膚のターンオーバーと同じことです。

循環して回っていくことで機能しているのが機能しなくなると、
老化にどんどんと繋がっていくのです。

また、トランス脂肪酸にをたくさん摂取すると脳に悪い影響を及ぼします。
高齢者の場合には認知症の原因になってしまったり、
子供が摂取すると発達障害になってしまったりするのです。

必要なのは正しい知識です

こういったことをしっかりと理解して、自分自身も、
そして自分の家族もしっかりと守れるようにしていけると良いですね。

知識は力なのです。

2023年までにWHOはトランス脂肪酸を世界から根絶したいと考えています。
こういった知識を付けて、あなたが今後どのような行動をとっていくのかが大切です。

スポンサーリンク







おすすめの記事