テレサテンって素晴らしい歌手でしたよね。
本当に美しい歌声で、アジアの歌姫でした。

彼女の素晴らしい歌声に励まされた人は多かったと思います。

個人的に一番印象に残っている曲は、
『時の流れにみをまかせ』で、あの曲が一番よかったと思います。

またあの歌声を聞いてみたいですね。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

テレサテンのプロフィール

テレサ・テン

中華圏で使われた名前は鄧麗君(デン・リージュン)

1953年1月29日生まれ

1995年5月8日没(42歳)

台湾出身

テレサテンは台湾出身の歌手で、
中国圏や日本、タイやマレーシアなどでも活躍しました。

その活躍ぶりから、この世を去ったあとも、
アジアの歌姫と呼ばれています。

本当に惜しい人を早くに亡くしてしまいました。

テレサテンの父親は軍人で、5人兄弟の4番目でした。

子供のころから歌がうまく、10歳の時に
ラジオ局主催の歌唱コンテストで優勝してしまうほどの実力がありました。

それがきっかけで天才少女として注目を集めるようになったのです。
そして14歳の時にはすでにプロ歌手として
デビューしたという、驚きのスピードでした。

16歳になると映画に主演して、女優としてもデビューしたのです。
彼女の存在はすぐに人気になり、
その後はシンガポール、タイ、マレーシアといった地域でも曲をリリースして
アジア地区でのトップスターとなっていったのです。

この人気に目を付けた船木稔は何度も台湾に足を運んで、
テレサテンとその両親を説得したのです。

その努力が実って、「日本ポリドール」との契約を成功させたのです。

そして1974年に、「今夜かしら明日かしら」というアイドル路線の曲で、
日本でのレコードデビューを飾ったのでが、売れ行きは振るいませんでした。

そこで2作目はガラッと雰囲気を変えて、
演歌路線の「空港」をリリースしたところ、
これが大ヒットして、日本レコード大賞新人賞を受賞して、
日本でも一躍スターダムにのし上がったのです。

それからも香港を拠点として、日本や台湾など、
アジアを股にかけての活動を行ったのでした。

 

 

旅券法違反で国外退去処分

そんなアジアを股にかけた活躍の中で、1979年2月に事件が起きました。
本来の中華民国のパスポートではなく、インドネシアのパスポートで
日本に入国しようとしたために、旅券法違反で国外退去処分を受けてしまったのです。

なぜ、インドネシアのパスポートを利用したのかというと、
それは当時の時代背景があります。

1972年の日中国交正常化の影響で、
日本は中華人民共和国との国家承認をしており、
中華民国とはまだ国交断絶状態にあったために、
台湾のパスポート、すなわち中華民国のパスポートでは入国をするときに
かなりの手続きが必要だったのです。

それを避けるために、インドネシアのパスポートで日本に入国していたのです。

このインドネシアのパスポートは正式なもので、偽造ではなかったのですが、
テレサテンは1年間の国外退去処分となってしまったのです。

この事件では台湾がこの処分を強く非難したのです。
そしてテレサテンの身柄のの引き渡しを求めてきたのですが、
船木稔は、もしこの要求に従ったら数年間は歌手活動ができなくなると考えて、
テレサテンをアメリカに渡米させることにしたのです。

それから1年が経ち、1980年には台湾への帰国も果たし、
中華民国国軍の広告塔となって活動していったのです。

そして再び台湾での歌手活動も再スタートして、香港を拠点に活躍していたのです。

その後、また来日して歌手としても活躍しました。

 

スポンサーリンク




テレサテンのスパイ疑惑説について

テレサテンはとても頭が良い人です。
いつも流暢な日本語で受け答えをしていました。

実は8か国語も話せたと言われています。

北京語、台湾語、広東語、
日本語、英語に堪能で、
山東語、マレー語、フランス語

ものすごい頭の良さですね。
これだけの語学力の持ち主なのでスパイ疑惑があってもおかしくないと思います。

では実際にはどうだったのでしょうか?

確かにテレサテンがスパイだったという疑惑はあるようです。
それは根強く存在する一つの説です。

父親も軍人であったことや、
中華民国国軍の広告塔となって活動していた事実、
そしてパスポートをいくつも所有して、
アジアを股にかけて活躍していたことなども、
そう噂される一つの要因であることは間違いありません。

これについてあのオウムで有名な有田芳生が
一冊の著書を出版しています。

『私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実』という本です。

 

【中古】私の家は山の向こう-テレサ・テン十年目の真実- / 有田芳生

価格:255円
(2019/6/17 15:26時点)
感想(0件)


この著書の中でテレサテンは才能があり語学力だったために、
国際政治というものに大きく翻弄されていった姿が描かれています。

スパイだったかどうかは別として、
大きく政治利用されていたのは間違いなかったとしています。

今よりもかなり閉ざされた世界情勢の中で、
テレサテンという存在は、政治利用するのに必要なものだったと思われます。

また、中華圏でスターになったテレサテンは、
しばしば軍の慰問に訪れていたのも事実です。

ジャッキーチェンと結婚しなかったワケは?

ジャッキーチェンとテレサテンは1970年代の後半から付き合っていたと言われています。
当時の二人はアメリカの成功を夢見て、
食事をしたり、映画を見たりととても仲が良かったようです。

ただ、ジャッキーチェンの周りにはいつも多くの男の友達がいて、
いつもみんなでわいわいガヤガヤするのが好きだったようです。

そういった周囲の男友達から
「ジャッキーの嫁はテレサより、ジョアン・リンがいい」などと言われたようです。

それでテレサとは結婚しないことを決めたとも言われています。

そしてジャッキー・チェンは1983年にジョアン・リンとロサンゼルスで極秘結婚しました。

また、別の説では、当時の自分の人気調子に乗っているジャッキーの姿に、テレサテンが嫌になってジャッキーから離れたとも言われています。

まとめ

冒頭でも述べた通りテレサテンは素晴らしい歌手でした。

本当に素晴らしい歌声がアジア全域で愛されていました。
本当に素晴らしい人を早くに亡くしてしまいました。

でも、テレサテンの歌声は永遠です。
だから今日はテレサテンの歌をYOUTUBEで聞いてみたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事