飛び出せ青春って素晴らしいドラマでしたよね!

リアルタイムで見て感動したと言いう人もいるし、
再放送でのその素晴らしさを知ったという人もいると思います。

とにかく、昭和を代表する学園ドラマであったことは確かです。

今回はそんな飛び出せ青春に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

飛び出せ青春

 

このドラマの主演者村野武範で、
1972年2月から1972年2月という長い期間にわたって放送されたドラマでした。

「青春とは何だ」を起点とする青春学園シリーズです。

 

主なキャスト

村野武範
酒井和歌子
穂積隆信
柳生博
頭師佳孝
保積ぺぺ
有島一郎

錚々たるメンバーが名を連ねていましたね!
あの素晴らしいドラマは、こういった面々がいるからこそできていたのだと思います。

 

ストーリー

この太陽学園高校の方針は「来る者は拒まない」でした。
そこで無試験入学というユニークな制度を採用していたために、
この学校には日本全国から落ちこぼれの生徒が集まっていました。

 

その中でも特にサッカー部は落ちこぼれ生徒の集まりだったのです。

そして新任教師・河野武は、赴任して来て
早々にトラブルを起こして、教頭から疎んじられる存在になったのです。
そのためにあのサッカー部の顧問を押し付けられてしまったのです。

 

しかし、河野は元々がチャレンジ精神旺盛な性格で、
同僚教師である本倉明子のサポートを得て、
サッカー部や学園の生徒たちに自分の熱い想いを伝えて、
生徒と一緒になって成長していくというものだったのです。

 

「レッツ・ビギン Let's begin!」がこのドラマのテーマ&合言葉で、
またそれが放送第一回のタイトルでもあったのです。

 

スポンサーリンク




主題歌『太陽がくれた季節』が大ヒット!

このドラマをさらに引き立てたのが、主題歌でした。
あの曲は本当に素晴らしく、耳に残るフレーズでした。

 

青い三角定規というグループの『太陽がくれた季節』です。

 

 

このドラマに関しては、主題歌との相互作用がかなりあったようにも思われます。
『太陽がくれた季節』を聞くとこのドラマを思い出して、
このドラマを見ると『太陽がくれた季節』を思い出すという素晴らしい相互作用です。

この曲は1972年に日本コロムビアからシングルとして発売されて、
売り上げが80万枚とも100万枚とも言われています。

 

ちなみのこのジャケットの衣装はISSEI MIYAKEのものでした。

青い三角定規はこの曲で1972年のレコード大賞の新人賞を受賞して、
第23回の紅白歌合戦にも出場を果たしました。

 

青い三角定規は女性1名と男性2名で、
メインボーカルは西口久美子なのですが、紅白には白組として出場しました。

 

また、この曲は小学校や中学校の音楽の教科書にも載っており、
世代を超えて多くの人々から歌い継がれている名曲です。

ドラマのロケ地に関して

あのドラマのぶたいであった太陽学園のロケ地は、
山梨県上野原市にある日本大学明誠高等学校でした。

飛び出せ青春は大人気ドラマということで、
撮影が行われていた休日ともなると、多くの人々が撮影を見学するために殺到していました。

それ以外の撮影も、ほとんどは日本大学明誠高等学校の周辺で行われていました。

 

また、何度も劇中に登場する東山駅は
上野原の隣にある四方津駅となっており、その面影を今も残しています。

電車の到着シーンや駅のホームでのシーンやは、
四方津駅と上野原駅との両方で撮影されています。

 

また、海辺のシーンの撮影は、静岡県伊豆の下田海岸でした。

 

 

それから、この舞台となった太陽学園には、本当に入学したいという問い合わせも多かったと言います。
また、太陽学園という設定は次のシリーズとなった『われら青春!』にもそのまま受け継がれており、
主なキャスト達は引き続き出演していました。

 

まとめ

飛び出せ青春は本当に素晴らしいドラマでしたね!

何度見ても引き込まれてしまう魅力があります。
そして主題歌の太陽がくれた季節』も最高でした。

これだけ、主題歌とドラマが相まって素晴らしいものになったケースも稀かもしれません。
飛び出せ青春は永遠です!!

スポンサーリンク







おすすめの記事