小沢仁志って迫力ありますよね!
若い頃からあの風格ですし、
本当にこわそうで、もしかして本物なのって感じちゃうくらい。

でも、俳優としてもいい味出してますよね。
かっこいいし、迫力ある演技をするし、
日本の怖い系の映画やドラマには
絶対に、絶対になくてはならない存在です。

小沢仁志って魅力があるんです。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

小沢仁志のプロフィール

小沢 仁志

おざわ ひとし

1962年6月19日生まれ

東京都出身

身長180cm

弟は俳優の小沢和義

小沢仁志のデビュー作は、1983年に出演した
『太陽にほえろ』でのちょい役でした。

 

スクールウォーズ

1984年に放送された『スクールウォーズ』の水原亮役で
本格的な俳優デビューを飾ったのです。

小沢仁志の役柄は少年院から出てきたという設定で、
ラグビー部の監督に就任したばかりの
滝沢先生を追い出そうとするそういった役柄でしたね!!

山下真司が演じた滝沢先生と格闘して、
水の中に沈められたシーンなどホントに凄かったですね。

それから滝沢先生にけんかで負けたことを受け入れて、
滝沢先生と仲が良くなったのです。
それで先生の家に行って、先生と色々と話をするシーンは
男同士のつながりができた感じで、とても素晴らしいシーンでした。

 

 

ビーバップハイスクール

それから彼の存在を世間に知らしめたのは、
なんといってもあの『ビーバップハイスクール』でした。

1985年に『ビー・バップ・ハイスクール』で敵役を好演したために、
同シリーズ三作目から主人公のヒロシ&トオルの仲間である、
北高校番長・前川新吾役を演じて、同シリーズが完結するまで、
前川新吾役でレギュラー出演し続けたのです。

この前川新吾役は主人公に近いところの役だったので、
彼の人気と知名度はどんどん上がっていったのです。
そのおかげで大人気となったのです。

シリーズ完結までレギュラー出演したのは、
小沢仁志と仲村トオルと清水宏次朗といった感じで、
ほんの数名だったと思われます。

とにかく、小沢仁志の存在感はホントに凄かったです。

 

スポンサーリンク




若い頃のハチャメチャ伝説が凄い!

伝説その1 田原俊彦

歌番組のスタジオで小沢仁志の元共演者で舎弟のような
存在の人がいたのですが、
彼が当時、人気絶頂のアイドルだった田原俊彦にサインを求めたのです。しかし、うざいよ、あっち行ってろとあしらわれてしまったので、
小沢仁志は田原俊彦のところに行って、
田原が座っていた椅子を金属バットで殴りつけて、
「サインしてやれ、このボケ!!」と怒鳴りつけてやったそうです。

これはかなりやばい行動ですよね!
普通の芸能人だったら絶対にやらないことですが、
小沢仁志だったからこれができたんだと思います。

 

伝説その2 光GENJI

ビーバップハイスクール関連の仕事でテレビ局にいた時に、
あの光GENJIのメンバーの一人がローラースケートで小沢仁志の横を通り過ぎていったのです。そこで小沢仁志は彼を転ばせて、その場で土下座までさせたそうです。

これもぶっ飛んでますね!
当時人気絶頂だった光GENJIにこれができるのは小沢仁志くらいです。

 

伝説その3 大御所と大喧嘩

小沢仁志はむかし、ある大御所俳優とトラブルを起こしたそうです。
その頃撮影していた作品の現場では、その大御所が通る通路と、
その他の俳優たちが通る通路とでは完全に分けられていたのです。しかし、その特別通路を、小沢仁志と哀川翔が通り、
大御所は大激怒してしまったのです。ところが小沢仁志と哀川翔はそれにひるまず、大喧嘩寸前に。
最終的にはあの吉永小百合の仲介で丸く収まったと言われています。

役者の世界ではこのあたりの上下関係が厳しいようですが、
さすがに小沢仁志には当てはまらないようです。

 

伝説その4 骨折47回

小沢仁志は本当にやばいシーン以外は
絶対にスタントを使わないために、体中を骨折しています。
その合計はなんと47回にも上るそうです。

小沢仁志の役者魂には頭が下がりますね!

小沢仁志のVシネマを今すぐ無料で視聴する方法

小沢仁志のVシネマの動画を今すぐ無料で観るには、U-NEXTが最もオススメな方法となります。

複数のVODで配信されていますが、

1.無料登録がカンタン
2.無料キャンペーン期間が31日と長い
3.作品の豊富さ
4.解約がすぐにできる

以上のような理由から、一番オススメな動画配信サイトはU-NEXTです!



スマホで簡単登録

31日間無料お試しキャンペーン実施中!

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

 

まとめ

小沢仁志ってやっぱりイメージ通りの凄い人みたいですね!
見かけ倒れだけじゃないあたりが、ほんとにすごいです。

これからも小沢仁志の迫力満点の演技を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事