牛タンっておいしいですよね!

あの食感がたまりません。
ホントに、お肉の中で一番おいしいといっても過言ではありませんよね。

もちろん焼肉に行ってタンを頼まない手はないですよね。

そのくらい人気の牛タンですが、
いったいどんなタレで食べたらおいしいのでしょうか?

今回は、おいしいタレを作るレシピを紹介していきます。

 

スポンサーリンク







牛タン

写真出典元 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ohataseinikuten/gt001.html#

ネギ塩レモンだれのレシピ タイプA

レシピ

その1. 塩 小さじ 1/4
その2. レモン汁 小さじ1/2
その3. ごま油 小さじ1
その4. 白ネギ 5㎝

2人前

 

作り方

手順1. ネギを、細かく、できるだけ細かく刻んでください。
手順2. そこですべての材料をボウルに入れて、まんべんなく混ぜ合わせます。
そうしたら、それを冷蔵庫に入れて1時間くらいなじむまで待ちます。

 

タレの味

白ネギの風味が効いて、とてもおいしいタレに仕上がります。
また、レモンの酸味ともうまく絡み合っています。

写真出典元 https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760020250/

ネギ塩レモンだれのレシピ タイプB

レシピ

その1. 塩 小さじ2
その2. 料理酒 大さじ2
その3. ごま油 小さじ2
その4. ネギ 1本
その5. ニンニク 1かけ
その6. 味の素少々
その7. こしょう少々
その8. 水50㏄
その9. レモン汁

5人前

 

作り方

手順1. ネギとニンニクをできるだけ細かく刻みます。
手順2. レモン汁をかけます。
手順3. それ以外の材料をボウルに入れて、しっかりと混ぜ合わせます。
手順3. 1と2をしっかりと混ぜ合わせて完成です。

 

タレの味

ネギとニンニクが主役ですが、それ以外の材料がしっかりと脇を固めて主役を引き立てています。

写真出典元 https://cookpad.com/recipe/608687

 

スポンサーリンク




ネギ塩レモンだれのレシピ タイプC

レシピ

その1. 長ネギ 1本
その2. 鶏ガラスープのもと
その3. ごま油 小さじ2
その4. ネギ 1本
その5. ニンニク 1かけ
その6. レモン汁

 

作り方

手順1. ニンニクをすり下ろします。
手順2. 長ネギを細かく刻みます。
手順3. レモン汁はお好みの量を加えてください。
手順4. そして材料をすべて混ぜ合わせるだけで、完了です。

 

タレの味

お好みの量でレモン汁をかけてください。
そうすると酸味の利いた、フレッシュな仕上がらりになります。

写真出典元 https://cookpad.com/recipe/1516114

日本における牛タンの消費

タンという呼び名は、英語の舌を意味するTONGUE{タング}から来ています。

もともとは、畜産副産物でした。
生肉部分以外の内臓部分を食べる習慣が広がるにつれて、牛タンが広がってきました。

食べられる部分は主に、先端部分と裏側といった固い部位以外を、
薄く切って焼くのが一般的です。

そして現在では、人気料理の一つになりました。

しかし、欧米ではほとんど牛タンを食べる習慣がなく、
牛を解体したとに、捨てられています。

オーストラリアなどでは、生肉以外の取り扱いとして、
スーパーなどでかなりの安値で販売されています。

しかし、アジア人からの牛タンの人気は高く、
安いのを理由に、オーストラリアのスーパーで牛タンを買いあさるアジア人も存在します。

仙台牛タンについて

牛タンで有名なのが、宮城県の仙台です。
「仙台牛タン」の名前で、仙台名物になっています。

仙台の牛タン料理専門店では、普通のスーパーや焼き肉店よりも厚切りです。
焼き方は、片面ずつ数回にわたって加熱されてから、お客に出されるのです。

特にこの仙台牛タンは絶品ですので、一度食べてみてはいかがでしょうか?

本当に仙台で育てられた牛の味は、全然違います!
別格ですよ!

まとめ

牛タンって本当においしいですね!

素晴らしい食文化です。
なんといっても食感がいいですね。

コリコリしてあの食感は忘れられないです。

だから、これだけの人気が出たのでしょうね。

これからも、牛タンをどんどん食べていきましょう!

スポンサーリンク







おすすめの記事