大森徹哉が2019年7月16日火曜日の
「マツコの知らない世界」に出演します。

そこで新宿ゴールデン街の魅力を紹介します。

新宿ゴールデン街は以前は怖い人が多いというイメージでしたが、
現在は随分と変わったそうです。

そんな大森徹哉は新宿ゴールデン街の昔からのファンで、
その好きが高じてガイドブックまで作ってしまったのです。

新宿ゴールデンが好きでたまらない大森徹哉から、
どんな話が聞けるのか楽しみですね!!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

大森徹哉のプロフィール

大森徹哉

おおもり てつや

東京都新宿区出身

会社社長

結婚してるかは不明

 

大森徹哉は自分の会社である株式会社H14の代表取締役で、
「ジェイジー(JG)」という新宿、御苑、四谷タウン誌を発行しています。

この「ジェイジー(JG)」は2006年に創刊されて、
新宿、御苑、四谷といったエリアに密着したフリーペーパーで、
ローカルな人気を集めています。

ローカルのコンビニやスーパーなど800店舗以上に置かれており、
いつでもだれでも手軽にとっていくことができます。

このように、大森徹哉は地域に密着した活動をしており、
言い換えれば地域のことを知りつくしています。

この「ジェイジー(JG)」は色々と展開しており、
ウェブ、実際の店舗、さらにはJGのムック本も発売しています。

最近の話では2018年4月24日に
「いまこそ行きたい!新宿ゴールデン街 最新版」が発売されています。

この本の内容は非常に濃く、
ガイドブックの掲載店舗数はなんと270店に上っています。

「ゴールデン街をはしご酒」という特集記事では、
最上がも、佐野四郎、コムアイといった有名人が登場して、
新宿ゴールデン街の魅力について、
たっぷりとたっぷりと語っています。

新宿ゴールデン街の過去、現在、未来の歴史もたくさん掲載されています。

また、大森徹哉のH14は、「新宿バルウィーク2018」など、
多くの楽しいイベントを新塾エリアで行って、多くの人を楽しませています。

新宿、御苑、四谷周辺には魅力的な店や雰囲気のあるインテリア、
ステージで歌える変わったお店など、楽しいお店がいっぱいあるので、
そういったお店同士がお互いをライバル視するのではなく、
交流をもっとたくさん持って新たな何かを生み出して欲しいと語っています。

 

スポンサーリンク




大森徹哉が新宿ゴールデン街を紹介

大森徹哉がマツコの紹介する店は「ビストロPAVO」という店で、
メニューはメンチカツを取り上げています。

このメンチカツのついたメニューの名前は、
「JOE熱のあつあつメンチカツ」で、価格はたったの500円となっています。

大きさは人の握りこぶしくらいあり、ボリューム感たっぷりです。
しかもこのメンチカツの中にはチーズが入っていて、
女性からも大人気のアイテムです。
しかも、ケチャップは自家製で注文が入ったたびに作ります。

誰でも気軽にきてもらえるように、
テーマは「お箸で食べられるビストロ料理」となっています。

「ビストロPAVO」
新宿歌舞伎町1-1-5
営業時間 17時から
営業日 月曜から金曜

まとめ

大森徹哉ってなんだかすごい人みたいですね!

彼に案内されて新宿を歩いてみたら、
とっても楽しいと思います。

ぜひ、彼のナビで新宿を存分に満喫したいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事