本瀬純一って知ってますか?

いま、世界中が注目する秋田犬のトップブリーダーなんです。
この道一筋に人生のすべてを捧げてきた、
本物の中の本物なんです。

そしてこれまでにも様々な賞を受賞してきました。

こうなってくると日本の宝とも言ってよいでしょう。

こんな素晴らしいブリーダーを輩出できて
日本国民は本当に誇りに思います。

今回は、そんな本瀬純一に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







本瀬純一のプロフィール

本瀬純一
もとせ じゅんいち

1962年生まれ
秋田県能代市在住
独身

能代幸寿荘(ノシロコウジュソウ)代表

本部展年齢別部門優勝8回
本部展名誉章2回

趣味は料理

実直な感じの人ですね。
本当に正直で、どこか不器用だけれど
仕事はきちっとしているというのが顔から伝わってきます。

顔を見ただけで、120%仕事を信頼して任せられるというのが分かりますね!

彼こそが本物の職人です!

2018年5月に、女子フィギュアスケートで金メダルを獲得した、
ザギトワ選手(ロシア)に、秋田犬がプレゼントされました。

その名前は「マサル」と言います。

ザギトワに贈呈されたマサルの可愛さが大きな話題になりました。

実はその犬を育てたのが、本瀬純一なのです。
このようにして、彼への注目は年々高まっています。

日本中の観光客のみならず、中国や他の国々からの団体客、
またはベラルーシからの注文が入ったりなど、
世界各国から人々が彼のもとへやってきています。

2018年の秋田犬の展覧会でも、
彼が育てている「国宝丸」が優勝するなど、また一つ勲章が増えました。

こうして本瀬純一は名実ともに日本一、
世界一の秋田犬ブリーダーとして名を馳せています。

現在、本瀬は18匹の秋田犬を育てています。
生後2ヶ月から10歳までの犬に囲まれて、大変ながらも幸せに仕事と人生を送っています。

本瀬と秋田犬との出会い

本瀬は子供のころから犬好きでした。
犬と一緒に育ってきたと言っても過言ではありません。

始めに秋田犬を飼ったのは、小学生の時でした。
それ以降、どんどん秋田犬の魅力にはまっていき、
中学1年の時には「秋田犬保存会」にも入会しました。

その後も秋田犬との交流はどんどん深まっていったのでした。

就職してからも趣味年て秋田犬を飼い続けていました。
そして、徐々に賞などを受賞するようになっていったのでした。

そうなると今度は、自宅敷地内の犬舎を改築したり増築したりして、
飼育する秋田犬をを増やしていったのでした。

本瀬の年収は?

ズバリ、数千万円は行っていると思います。

先ず、秋田犬は一匹数十万円で取引されます。
本瀬は日本のトップブリーダーということもあって、次々に売れていきます。

また、世界各国からの注文も含めると、やはり数千万円はあると思います。

そこに様々な賞の受賞歴などもあり、信頼は折り紙付きです。

さらにテレビや雑誌などのメディアにも出演していますので、
そういったほうからの収入もあります。

全ては、彼のここまでの努力の結晶が招いてくれた結果です。

 

スポンサーリンク




秋田犬ブリーダーの大まかな一日

朝五時半の散歩(成犬の場合は2キロ)
排泄の世話
食事の世話
夕方の散歩(成犬の場合は2キロ)

本瀬はこれを25年間、1日たりとも休んだことがないと言います。
特に大変なのは、散歩です。

一匹一匹年齢も状況も異なるために、
別々で散歩に連れていかなければいけないからです。

そして成犬ともなると2キロがノルマになっているために、
かなりの距離を行かなければいけません。

秋田犬の性格

犬と言ってもそれぞれ性格が異なっています。
それは、品種によっても大きく違ってくるのです。

秋田犬の性格は、人間に忠実で飾り気がなく、
ある意味厳かなで凛とした性格の犬が多いのが特徴です。

秋田犬はもともと、熊や鹿を狩る時の犬として育てられてきた歴史があります。
そのため、狩猟に対する感性が強く、扱いが難しい面も存在します。

しかし、本瀬はその秋田犬の特徴を上手く扱って、
強く、たくましく、そして美しく育てていくことが世界一なのです。

まとめ

 

本瀬純一と秋田犬って似ていると思いませんか?

性格がそっくりな感じです。
実直でまじめで、どこか不器用。
でも、任せた仕事は一生懸命にやってくれる。

お互いそんな感じの性格なんだと思います。

だからお互いに愛し合って、尊敬しあってここまで来ているのではないでしょうか?

スポンサーリンク







おすすめの記事