デヴィッド・ボウイって知ってますか?
世界的に有名な素晴らしいシンガーでしたね。
そして奇抜なファッションやメイクなど、
エンターテイメント性も素晴らしいものがありました。

 

その独自の感性は最後まで世界を
魅了し続けてくれました。

そして彼は今でも永遠に私たちの心の中に
生き続けてくれています。

ということで今回は、デヴィッド・ボウイについて語ってみましょう!

 

スポンサーリンク







 

デヴィッド・ボウイのプロフィール

DAIVD BOWIE(デヴィッド・ボウイ)

本名 David Robert Haywood Jones(デヴィッド・ロバート・ジョーンズ)

1947年1月8日 -  2016年1月10日(69歳)
イギリス出身

シンガーソングライター
俳優
音楽プロデューサー
アレンジャー
作曲家

本当に多彩な素晴らしい人でしたね!

彼の音楽性、奇抜なファッションと
独自の感性は一気に世界中の人の心を鷲掴みにしました。

とてもイケメンです。

ずっとカッコ良かったです!

彼のことを永遠の紳士と形容する人もいました。
とてもジェントルマンな感じでしたから、
その表現はぴったりなのかも知れません。

デヴィッド・ボウイの目はオッドアイ??

とてもイケメンでハンサムだったデビッド・ボウイですが、
よく見るとめがちょっと左右違っているようです。

数々のプロモーションビデオを作ってきたボウイですが、
明らかに違っているのが分かります。
左目の瞳孔だけが開いています。

そして色は右目が青で、左目が茶褐色になっています。

 

何が起きたのでしょうか??

 

それは1962年、彼がまだ15歳の時でした。
一人の女の子をめぐって、ジョージという男の子とけんかをしました。

そしてこのジョージはボウイの左目をパンチして、
眼球をひっかいてしまったのでした。

 

その影響で、ボウイの左目の動向がずっと開いたままになってしまったのです。

しかし、二人の友情はこのけんかで壊れることはありませんでした。
しかもボウイは、この目のお陰でミステリアスな印象を民衆が持ってくれて、
アイコンとしてのイメージを高めることができたと、
ジョージにとても感謝しているようです。

 

また、カメラワークでも彼の目からは独特なショットが撮ることが可能でした。

このように、不運な事故を嘆くのではなく、
それを人生に生かし切ることができるというのは、
さすがはスーパースターですね!

 

そういった心の持ち方が、
その後をDAVID BOWIEを形成することになったのだと思います。

こういった点は我々も見習っていきたいですね!

 

スポンサーリンク




デヴィッド・ボウイの妻や子供は?

最初の結婚

1970年にモデルであったメアリー・アンジェラ・バーネットと結婚をしました。

そして1971年には、長男のダンカン・ジョーンズを授かりました。
このダンカン・ジョーンズは現在映画監督として成功しています。

しかし結婚10年を迎えた1980年に、二人は離婚をしました。

 

二度目の結婚

1992年にスーパーモデルだったイマン・アブドゥルマジドと再婚をしました。
そして2000年には、長女のアレクサンドリア・ザーラ・ジョーンズを授かりました。

二回ともモデルと結婚しています。
さすが、世界のスーパースターは違いますね。

そしてそれぞれ、一子ずつ子供をもうけています。
羨ましい限りですね!

彼は本当にずっとカッコ良かった人なので、かなりモテモテだったようです。

そして我々の心の中のボウイも、ずっと素敵な人であり続けてくれるでしょう。

デヴィッド・ボウイの日本との関係は?

デヴィッド・ボウイが日本文化に触れたのは、20代前半の頃でした。
歌舞伎や能といった日本が誇る伝統を学んだことがきっかけでした。

 

デヴィッド・ボウイはイギリスの舞踏家リンゼイ・ケンプから、
ダンスやマイムなどを学びました。

実はこのリンゼイ・ケンプは日本の歌舞伎の特徴である、
きらびやかな衣装、大げさな身振り、派手なメーキャップ、
そして極めつけは女形などから、大きな影響を受けていたのです。

こっからデヴィッド・ボウイは急速に日本文化に惹かれていくのでした。

ですから、あのジギースターダストでのきらびやかな衣装などは、
かなり日本文化からの影響を受けていると言えます。

デヴィッド・ボウイは京都に別宅を持っていた?

デヴィッド・ボウイは日本の中でも、
特に京都を愛していたようです。

そして何度も何度も足を運び、京都に持っていたという噂まであるくらいです。

しかし、その後の調べによると、
別宅を持っていたというのは間違いだったようです。

実はこの京都の家を所有いていたのは
デヴィッド木戸という名前のアメリカ人でした。

そしてこのデヴィッド木戸の家は、本当に美しい日本の家で、
その徹底的なこだわりと日本の伝統の美にデヴィッド・ボウイは心酔していたのです。

そして来日の際にはいつもこの家に立ち寄り、
デヴィッド木戸から色々と日本文化について話を聞いていたようです。

また、2番目の妻であるイマンとは新婚旅行でも京都を訪れています。
その時は、京都の老舗である俵屋旅館に宿泊しました。

日本の風情を感じさせてくれる、素晴らしい旅館です。
創業300年という素晴らしい歴史と伝統がある旅館です。

 

俵屋旅館

住所:京都府京都市中京区 麩屋町通姉小路上る中白山町278
電話番号:075-211-5566
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩3分

 

まとめ

今回はデヴィッドボウイについて迫ってみました。

彼の存在と音楽は、
我々に大きな影響を与えてくれました。

あの衝撃的な彼の感性は我々の心の中にずっと残っていくと思います。

彼を永遠の紳士と形容する人がいました。
それは本当に当てはまった表現だと思います。

そして彼は今、本当に永遠の存在になったのです。

スポンサーリンク







おすすめの記事