日本の水道水の危険性が叫ばれて久しいです。

水は我々にとって、最も大切なものです。
それが危険性をはらんでいるというのは、非常に悲しいことです。

どうして日本の水はそうなってしまったのでしょうか?

その理由が知りたくなります。

また、安心して水を飲むにはどうしたらよいのでしょうか?

その2つを考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

塩素の入った水道水

アメリカのGHQの最高司令官だったマッカーサーの命令で作られた法律によって、
日本の水道水には必ず塩素を入れなくてはならなくなりました。

殺菌の為に塩素を入れるのですが、0.1PPM以上の塩素を入れる事になっています。

 

0.1PPM以下ではなく、以上と決められていますので、

0.1PPM以上ならいくら入れても良いという事なのです。

 

という事は、自宅の水道水に含まれている塩素がどのくらいなのか、分からないという事になります。
地下水が水道水の原水にされる事の多いヨーロッパ諸国では、
塩素を入れないか、あるいは入れても0.1PPM以下と規定されています。

 

ところが、東京、大阪、福岡等の大都市においては、
1.0から1.5PPM、地方都市においては、0.4から1.0PPMという高濃度の塩素が測定されています。

 

塩素を取り除く為浄水装置が販売されているのですが、ボトル詰めされた天然水を購入する人の多い昨今ですが、
なんと、日本の水道水は塩素消毒しているから安心して蛇口から飲める、
と東京都水道局のホームページには書かれています。

 

日本の水道水を飲まないアメリカ兵

日本の水道水に大量の塩素が入れられている事はアメリカ人にも知られていて、

在日米兵は水道水はそのまま飲まないそうです。
ある米兵は、日本の水道水には毒が入っているので、

そのままでは使えない、塩素の毒だと表現しました。
殺菌にはわずか0.1PPMの塩素で事足りますが、
日本の水道水には、なんと諸外国の5倍から15倍の塩素が含まれています。

 

 

スポンサーリンク




塩素の危険性

 

細菌を殺す為に使われる塩素は、細菌と同じ構造の人間の細胞にも害を及ぼします。
塩素はどれほど危険なのでしょうか?

まず、発がん性のトリハロメタンの元になっています。
そして、細胞を破壊し、人体に悪影響を及ぼします。

塩素に触れたり吸い込んだりすると、
皮膚や粘膜から水分が奪われ、ドライスキンになったり、呼吸疾患を悪化させます。

また、血管障害を引き起こし、心臓病、脳卒中の原因にもなる可能性があります。
アレルギー疾患そのものとの関連性も疑われています。

 

ROろ過という技術

塩素だけが問題だったのは、もう何十年も前の話です。
水道水を取り巻く状況はさらにひどくなってきていると言えます。

塩素以外にも、放射能、環境ホルモン、カルキ、
ウイルス、カビ、細菌、重金属といった様々な不純物が水道水に含まれている状況になってきているのです。

そこでROろ過という技術が注目されています。

https://www.aquatec.jp/infomation/ro.htm

 

ROろ過とは?

逆浸透マクロ化技術はあらゆる動力靴の栄養分の吸収や、
老廃物の排泄の仕組みである細胞膜の「浸透圧原理」を応用して、
考えられた「分離濾過技術」です。

長年の最善とされてきた水処理技術となる「逆浸透膜濾過」が
実は自然界が作り出した現象をヒントにされているのは非常に興味深い事実です。

ROろ過が取り除くもの

ROモジュールの超微細孔は1/10,000,000ミリで、
放射能、環境ホルモン、カルキ、ウイルス、カビなども含めて、
ほぼ完璧に不純物を除去することができるのです。

 

ROろ過は’99.9%の固形物をろ過します!

https://www.aquatec.jp/infomation/ro.htm

 

ROろ過は世界最高水準の技術といっても過言ではありません。

そこでこのROろ過を取り入れた今話題の浄水器をご紹介したいと思います。

 

このCOOL QOOというウォーターサーバーはROろ過技術を用いた最先端の浄水機能を備えています。

 

クールクー

まとめ

上述した通り水は人間にとって最も大切なものです。

ですから、私たちは良い水を飲んでいく必要があります。

危険な水を避けて、きれいで安全な水を飲んでいくように心がけましょう!

スポンサーリンク







おすすめの記事