寝る前にポカリスウェットを飲むってどうなんでしょう?

皆さん、ポカリスウェットのラベルを見て下さい。
成分には何が含まれているでしょうか?
砂糖、果糖、ブドウ糖などが多く含まれているのがわかると思います。
この様なものを寝る前に飲むのは健康に良いでしょうか?

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

54人の購読者に加わりましょう

果糖、ブドウ糖、液糖がやばい

これらの入った食品

・清涼飲料水、
・スポーツドリンクにたくさん入っていますが、
・醤油、
・サラダドレッシング、
・冷凍食品、
・加工食品、
・ポン酢、
・カレールー
・お菓子・スナック菓子
・アイスクリーム
・菓子パン

果糖、ブドウ糖、液糖は砂糖と同様に、肥満、内臓脂肪の主原因の一つです。
材料を確かめずに食べたり外食していると、知らず知らずのうちに太る原因を摂取している事になります。

外食すると太るのはなぜ?

果糖、ブドウ糖、液糖がたくさん入った調味料が使われていたりします。

果糖ブドウ糖液糖って何?

遺伝子組み換えのトウモロコシから作られたコーンシロップを化学的に異性化した、果糖とブドウ糖が混ざった液糖です。
高果糖コーンシロップ、HFCS、異性化糖とも呼ばれています。
砂糖は果糖とブドウ糖の比率は1:1ですが、果糖ブドウ糖液糖では50%~90%が果糖の占める割合になっています。
また、ブドウ糖果糖液糖では果糖の割合は50%未満になっています。

 

スポンサーリンク




砂糖より果糖ブドウ糖液糖が使われるようになった理由

・甘味が砂糖より口の中に残りにくい
果糖の甘味は砂糖の1.2倍から1.8倍です。
でも食べた後、砂糖は口の中に甘味が残るのに対し、果糖はあまり残りません。

・低温下で甘味が増す
砂糖は低温だと甘味度が下がるのに対し、果糖は増します。

・砂糖より安価

・清涼飲料水や冷菓などに多く使われている

 

果糖ブドウ糖液糖による健康的な害

・糖尿病、心臓病のリスクを上げる

アメリカ人の砂糖・果糖ブドウ糖液糖の年間消費量は、1970年代は一人当たり砂糖が46.2キロでした。
2000年代になると、砂糖は28.9キロに減りましたが、それに代わって果糖ブドウ糖液糖が29.8キ加わりました。
全体的に見ると糖分の消費量が増えています。
そして、果糖ブドウ糖液糖と肥満との相関関係が見られました。
また、マウスを使った研究では、果糖ブドウ糖液糖を摂取したマウスは体脂肪が増えました。

果糖ブドウ糖液糖は他の糖に比べ、内臓脂肪の合成、血中の中性脂肪の合成を促進します。
内臓脂肪が増えると炎症体質になってしまいます。
メタボや慢性疾患、インスリン抵抗性の原因にもなります。
ホルモン異常が起きやすくなり、結果として糖尿病になったりします。
例え痩せていても、内臓脂肪が増えると問題が起きます。
43か国を調査した研究では、果糖ブドウ糖液糖の消費量の多い国では、糖尿病の発症率が20%高かったと報告されています。

1909年から1997年の米国農務省のデータによると、食物繊維の減少に伴う、精製炭水化物(果糖ブドウ糖液糖)の摂取量の増加が、2型糖尿病の発症率と相関しました。

 

・糖化

たんぱく質に結びついてたんぱく質を劣化させてしまいます。
私達の体はたんぱく質で出来ています。
たんぱく質が劣化させられると、私達の体は老化し、がんを発症する可能性も高まります。

果糖の糖化力は大きいです。
環状構造になっている糖質は、環状構造が開く事によりたんぱく質と結合しやすくなります。
たんぱく質と糖が結合する事を、糖化反応(グリケーション)と呼びます。
果糖は開環する率が、グルコースの約300倍。
果糖の糖化力は、ブドウ糖の約10倍。

 

フルーツの果糖は大丈夫?

精製された果糖とフルーツに含まれる果糖は異なります。
精製された果糖は量をたくさん摂取しやすいです。
フルーツ全体を食べる場合、ミネラルも含まれていて、代謝もゆるやかになります。
胃が空の状態で食べましょう。
食間に食べるか、食後に食べる場合は3時間あけましょう。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事