ペットボトルってすごい量が消費されていますよね。

これが自然にも相当な被害を与えているのです。
とくにプラスチックは木や紙のように、自然い返ることができません。

 

だから一度捨てられると、ずっとそのままになってしまうのです。
もし海に捨てられたりすると、ずっとさまよい続けるのです。

 

そうなってしまっては困りますね。

ということで、今回はペットボトルリサイクル(再利用)について迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

ペットボトルの年間生産量

1分間になんと、100万本のペットボトルが消費されているのです。
そして2016年の調査では、年間に4800億本も生産されたということです。

 

これは1分間におよそ100万本、1秒間に1万5千本になります。

500mlのペットボトルを高さ20㎝と仮定すると、地球を2400周できるのです。

これは信じられない数字ですね!

コカ・コーラが1/5を占める

4800億本という年間に生産されるのペットボトルのうち、
1/5をコカ・コーラ社が占めています。

その数はおよそ1100億本になると推定されています。

そしてコカ・コーラ社は2020年までに
リサイクル率を50%までに上げると公言しています。

また、2030年までには販売した
ペットボトルの全てを回収するという目標を掲げています。

Coca Cola Great Britain の試み

そこで現在Coca Cola Great Britainは素晴らしい試みを行っています。
それはとてもシンプルで画期的なものです。

Merlin Entertainment'sが運営する4つのテーマパークに
ペットボトル回収用の自動販売機が設置されているのです。

 

写真出典元 https://www.coca-cola.co.uk/packages/how-you-can-recycle-your-coca-cola-bottles

 

その回収用の自動販売機にペットボトルを入れるだけで、
テーマパークの入場料が50%も安くなるというものです!

これは素晴らしいアイディアだと思います。

このように参加する人がワクワク楽しくなるのが一番良いからです。

 

スポンサーリンク




ペットボトル回収用の自動販売機はどこにあるのか?

 

現在、合計で14のペットボトル回収用の自動販売機が設置されています。
そのテーマパークは以下の4つです。

1. LEGOLAND Windsor

2. Thorpe Park

3. Chessington World of Adventures

4. Alton Towers Resort

ですから、もしイギリスに行かれる場合には、
この4つのテーマパークに絞っていかれてみてはいかがでしょうか?

また、このキャンペーンの凄いところは、
コカ・コーラのペットボトル以外でもOKだというところです。

これは凄いですね!

日本での類似した試み

もちろん、わが国日本でも同様なことがらhが行われています。

もともと、イトーヨーカドーやヨークベニマルなどにも設置されていたのですが、
それを小型化したものがセブンイレブンにも設置されたようです。

写真出典元 https://diamond.jp/articles/-/167897

ペットボトルを入れると、
「nanacoカード」や「モバイルnanaco」にポイントをためることが可能です。

ペットボトル1本と入れると、2リサイクルポイントが獲得できます。

ペットボトル250本をペットボトル回収機に入れた場合、
50円分のnanacoポイントが獲得可能です。

まとめ

こういったアイディアは楽しいですね!

とにかくリサイクルと言っても、
難しい議題を並べ立てているだけでは始まらないのです。

それよりも、参加者が楽しいって感じて、
ワクワクすることができる参加型のリサイクルアイディアが重要なのです。

成功への鍵は楽しむことです。

日本にも諺があります、「好きこそものの上手なれ。」
これは真実です!

難しい顔をして、難しい言葉でリサイクルを語るより、
楽しく明るく、積極的にリサイクルをしていきたいですね!

スポンサーリンク







おすすめの記事